女性専門の鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷徒歩6分の鍼灸院 アロマと鍼を融合した女性専用の治療院
(社)東京都鍼灸あん摩マッサージ指圧師会員
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム ≫ 頭痛肩こり鍼治療 ≫

おでこ 押すと痛い 頭痛

01191
おでこが痛い、額が痛い
という頭痛タイプについて。

病院で「異常なし」と診断された場合

おでこの痛みを引き起こす原因は
①胸鎖乳突筋、②前頭筋
どちらかの筋肉が過緊張をおこした
ことによる関連痛
と考えられます。

痛みが出ている場所や症状の現れ方で、
原因となる筋肉の見当はある程度つくので
自分に近いものを探してみましょう。
 

<おでこが痛む原因①>

★胸鎖乳突筋(とくに鎖骨頭)
(きょうさにゅうとつきん)

胸鎖乳突筋は、細かく分けると2種類あり
額に痛みを引き起こすのは、
鎖骨と首を結んでいる筋肉で
『胸鎖乳突筋の鎖骨頭』です。

パソコン画面をのぞき込む姿勢など
で痛みが出やすくなります。

05311

< 痛みの特徴 >
・おでこ(額)や前頭の痛み
・耳の後ろや耳の奥の痛み

< その他の症状 >
・めまい感
・奥歯の鈍痛(浮いたような感覚)
・首の前側の筋肉がこる

※胸鎖乳突筋の痛みの詳しい内容は
こちらをご覧ください。

 
 
<胸鎖乳突筋タイプの緩和方法 >
原因は”首の前側”なので、
「おでこ」や「頭皮」
揉んだり温めたりしても治らない
と思っていてください。

 [ 方法1] 
胸鎖乳突筋(首)のストレッチをする
首をまわして軽く筋肉をゆるませてから、
首の前側を集中的に伸ばします。

胸鎖乳突筋ストレッチのやり方
はこちらをご覧ください。
--------------------------------------

 [ 方法2] 
胸鎖乳突筋を温める
上記イラスト(胸鎖乳突筋)の場所を中心に
使い捨てカイロ、レンジで温めるホットパック
などで、首全体を数十分温めてみましょう。
---------------------------------------

 [ 方法3] 
姿勢や習慣を見直す
胸鎖乳突筋に負担がかかる姿勢
や習慣をしないように心掛けましょう。 はこちらをご覧ください。
--------------------------------------

上記の緩和方法を行っても
症状が緩和されない場合は
セルフケアの段階を通り越している状態。

ほとんどの場合、
首の前を緊張させる姿勢が原因なので
我慢していても、自然にほぐれることは
めったにありません。

じつは『首の前側の筋肉をしっかりほぐす』
のはプロでも難易度が高いテクニックです。

軽くさすった程度では治らないですし、
少しでも強いと痛みが出る部位なので、

首の前をしっかりアプローチできる技術
を持った治療院で早めに治療することを
おすすめします。
 

<おでこが痛む原因②>

★前頭筋
(ぜんとうきん)

額にある前頭筋は、表情をつくる筋肉で
眉を引き上げたり、額にしわを寄せたり
するときの筋肉です。
05312

< 痛みの特徴 >
・おでこ(前頭)の痛み
・額から頭頂方向への痛み

< その他の症状 >
・いつも額にシワが寄っている
・不安や緊張の表情をしがち

前頭筋が痛む詳しい原因は
こちらをご覧ください。

 
<前頭筋タイプの緩和方法 >

 [ なるべく早めに治療院へ] 
セルフケアの段階を超えてます。

前頭筋の症状にあてはまった方は
慢性的なコリ感を放置したことが原因
で起こる「二次的痛み」です。

現段階の痛みの前に
首の前にある筋肉(胸鎖乳突筋)が
かなり凝って
いませんでしたか?

首の痛み⇒額の痛みへ
と段階が進んで、広がった状態なので、
”首の前側”の過緊張を取らないかぎり
おでこの痛みはなおりません。


なるべく早めに首の治療を行うこと。
慢性化してこじらせた状態を治すので
少し回数はかかるかもしれませんが、
この機会にしっかり治すことを
おすすめします。


02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー

ストレッチしたのにコリが取れない

09101
肩甲骨まわりがゴロゴロと硬いのはなぜ?

肩こりがつらいとき。
肩甲骨の内側などを指で触ると、
他の部位より硬いゴロゴロとした塊の存在。

指で押しても、湿布や軟膏をぬっても
ちょっとやそっとじゃ、ほぐれない。

それが連日つづくと、ええぃ!
柱の角にあてがって、グリグリしちゃうぞ!
となるわけですが、

これまた押し付けたときは、気持ちいいような感覚
があるのですが、ほぐれた?コリが取れた?
かどうかというと、う~ん…?という感じ。
これはいったい、なぜでしょう。

コリを感じるというとき、身体の中はこんな状態↓

kori1

細い線維をたくさん束にしたのが筋肉

筋肉は、筋線維という太さ10~100μmの細い糸
が集まってできているのですが、この筋線維も、
筋原線維(筋細線維)というさらに細い(0.2~1μm)
糸のようなものが束になってできたもの。

つまり、筋肉とは、
細い線維が、たくさん集まった束。
その特徴は「疲れると縮む」という性質です。

縮む場所は線維によって異なっていて、上記イラスト
のように、個々の線維がバラバラに縮んでいる
のですが、これを指で見分けるのは不可能。

指では一つ一つの縮みを見分けられない。

どうやっても数㎝ある指の太さでは、
上下左右の線維をいっぺんに触ることになるので、
まとまった厚みがある塊(ゴリゴリ)として
感じることに、なってしまうというわけ。

ストレッチだけでは、コリ解消は難しい

ちなみに、この筋線維のかたまりの表面は、
「筋膜」という広大な1枚膜に覆われています。

身体を大きく動かしてストレッチすると、
表面の筋膜と一緒に、筋線維も多少引っ張られ
(膜の癒着も解消され)るので、気持ちいい感覚が
あると思います。

でも、筋線維からしたら、
「おおざっぱに引っ張られた感じ…」
というだけで、肝心なコリの部分には
あまり変化がない状態。

実は、ストレッチしても、
コリを強く感じているところは解消しない
という理由が、ここにあります。

治療では、何層にも重なった筋肉の中の、
さらに細い筋線維が固まったところをほぐす
必要があって、これを行えるのは
鍼+マッサージの総合治療

ロックされたように固まったコリを
ハリで解除して、縮んだ筋線維をマッサージで
伸ばして、本来の定位置までもどす。

想像以上に、じつは緻密な治療です。

ロックを外された後に、マッサージで
ぎゅ~~っと伸ばされる感覚は、ストレッチよりも
細やかで、身体の芯に響く心地よさです。

セルフケアやストレッチをしていても、
どうしようもなく、強いコリが感じられたら
思い切って、
鍼治療にチャレンジしてみてください。
 

02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー
 

片目だけ涙、片側の涙目

09201
片目だけ涙が止まらない
片側だけ涙目


眼科で異常なしと診断された場合
ストレスだけでなく
「首の筋肉」のこわばり
による痛みの可能性が高い。


原因は
「胸鎖乳突筋」「頚板状筋」の疲労
によって引き起こされた関連症状。

パソコンやスマホなどを見ることで
気付かぬうちに疲労が積み重なって、
筋肉が過度に緊張している状態です。


1.板状筋(ばんじょうきん)
※とくに頚板状筋
⇒ 板状筋の痛みの特徴はこちら

z6


2.胸鎖乳突筋
(きょうさにゅうとつきん)
⇒ 胸鎖乳突筋の痛みの特徴はこちら

z1


どちらの筋肉も、
目の症状(涙やかすみ)以外に
頭痛目の周りの鈍痛も起こしやすい。

涙目になる側の首を触ってみると、
左右差があるぐらい硬いのがわかります。

とくに下顎の後方あたり(頭と首の境目)
を押すと、鈍い圧痛があるようなら、
その可能性は高いといえるでしょう。

筋肉の関連痛が原因の場合
筋肉が柔らかく回復すると、症状が消えるので
かすんだ視野がクリアになり、
目の潤いも左右対称にもどります。

・・・ですが、
この筋肉は、ちょっとやっかいで
自分で柔らかくするのが難しい。

体を横にして、寝そべった姿勢で揉まないと
首の筋肉が緊張したままになるので、
押してもあまり効果がありません。

また、下手に押すと痛みが出やすい。

この症状は
あまり自分でなんとかしようとせず、
プロの治療家に任せてしまいましょう!

筋肉をダイレクトに治療できる
「はり」+「マッサージ」がおすすめ。


接骨院などの保険治療(温熱+10分もむ)で
治るようなら、症状は軽症といえますが、

この症状が出ている時点で、
筋肉が過緊張を起こしている可能性が高い。

首の前側を痛くないように”しっかり揉む”
のは、プロでもかなり技術が必要です。

できれば、
頭痛や顔面痛に対応できるテクニック
をもった鍼灸治療院で、

首肩全体を1回治療してもらうことを
おすすめします。


02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー
 
 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~19:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら