女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、鍼灸とアロマを融合した女性のための治療院
(社)東京都鍼灸あん摩マッサージ指圧師会員
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホームお困りの症状は? ≫ 寝起きで頭痛、目の奥の痛み ≫

寝起きで頭痛、目の奥の痛み

02021

頭痛で目が覚める

 

・寝起きに目の奥が痛む
・寝始めて少しすると頭痛で起きてしまう
・枕の高さを変えると楽になるが、
少しすると頭痛が起こる

という症状の方。
まずは病院で診てもらいましょう。
そのうえで「特に異常なし」と診断された場合
 

首の筋肉が過緊張を起こしている
可能性が高い。

 

原因は、首と頭の境目の筋肉4つ。

・大後頭直筋
・小後頭直筋
・上頭斜筋
・下頭斜筋

総称して“後頭下筋群”と呼ばれる筋肉で
とても深い場所にある筋肉


目の動きに合わせて顔の方向(角度)
を微妙に調整する役目をしています。
 

10141

 

上記イラストのように、

耳の近くの側頭部に痛みのが特徴で、

目の周りから後頭部までと広範囲
に痛むので、頭半分だから片頭痛か?
と間違える方もいます。

⇒ 後頭下筋群の痛みの特徴はこちら

 

ちなみにですが・・・
痛いからと言って頭を
押しても温めても治りません。

 

残念ながらセルフケアが効きにくい。

(10分ぐらいウォーキングすると、

深部の血行が改善して筋緊張がやわらぎ、

痛みが緩和する場合がありますが…)

根本的には原因の筋肉を緩めるしかない。

 

この後頭下筋群は、

頭と首の境目でエリアは親指の幅ぐらい。

筋肉が3~4枚重なったかなり深い部位
にあるので、マッサージだけでは表面すぎて
刺激がとどきにくい。

これこそ鍼(はり)治療の出番です。

 

とはいえ、
鍼の道具を使えばなんでも鍼治療なわけで、
治療方法や技術はさまざま...
 

昔ながらの経絡(ツボ)を使った治療だと
ハリは、浅く刺す技術なので、
今回の症状を治すのは、かなり遠回りです。

現代医学的な知識と、深層までハリを刺入し
治療できる技術をもった鍼灸師に
後頭下筋を直接アプローチしてもらい

治してしまうのが一番の近道

痛み止めの薬などに頼って
長期間、放置することがないように、

早めの治療をおすすめします。



02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー

 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら