女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホームお困りの症状は? ≫ 片側だけの、目のかすみ&涙目 ≫

片側だけの、目のかすみ&涙目

09201
いつも片方の目だけ、涙目になる方。
また、片方の目だけかすんで見えたり、
ぼんやり見えにくくなる という方。

まずは、眼科で検査してくださいね。
その上で異常なし「眼精疲労ですね。」といわれた
場合に、身体のどこが影響しているかというと…

首の片方の筋肉が、極端に硬くなっている
影響の可能性が高い。

原因は、パソコン作業や集中したデスクワーク、
DVD鑑賞や手作り作業など、さまざまですが、

いずれにせよ、疲労が積み重なって、
筋肉が過緊張の状態。
“筋緊張の度合いが、限界値を越えた(泣)”
という状態になっています。


ということで、
まずは犯人(?)のご紹介(笑)

目の奥に感じる疲れや、 かすみ目を引き起こす
のは、次の2つの筋肉です。

1.板状筋(とくに頸板状筋)
z6

2.胸鎖乳突筋
z1

症状を感じている側の首を触ってみると、
左右差があるぐらい硬いのがわかります。

とくに下顎の後方あたり(頭と首の境目)
を押すと、鈍い圧痛があるようなら、
間違いなく当たり!

ですが、
この筋肉は、ちょっとやっかいでして
自分で柔らかくするのが難しい…のです。

身体を横にして、寝そべった姿勢でないと
首の筋肉が緊張したままになるので、
押してもあまり効果がありません。
また、押しでも痛みが出やすい。

ですが、この筋肉がちゃんと元通りに
柔らかく回復すると、視野がクリアになり
視力がアップした感じになります。

セルフケアよりも鍼・マッサージで
ダイレクトに治療した方が早い。

こんな症状の時は
あまり自分でなんとかしようとせず、
プロに任せてしまいましょう!
早めの治療をおすすめします。

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら