女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム ≫ お困りの症状は? ≫

02034

頭痛のトリガーポイント

『トリガーポイント診断』

頭痛
どの部位が痛みますか?


現代医学(西洋医学)で診たときの
筋肉の関連痛が引き起こす「頭痛」の種類。

症状が出る部位やトリガーポイントの位置は
原因となる筋肉よって変わります。
あなたの頭痛はどのパターンでしょうか。

当てはまるイラストをクリックしてください。
(詳細説明ページに進みます。)

・赤色の点々が痛みを感じる部位
・緑色の×印がトリガーポイント
(押すと痛みが強く感じるポイント)

z1 z2 z3 

z8 z6 z4

 z5   z7 03261
 
 
--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆頭痛タイプを確認する↓
「トリガーポイント診断」

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」

 

東洋医学の頭痛

03261
東洋医学での頭痛

未病の6タイプの中で、頭痛の症状が
でやすいのは下記の4つです。

「水分過多タイプ」「ストレス過多タイプ」
「体力の衰えタイプ」「気力・体力不足タイプ」

未病のタイプ別チェックシートはこちら
それぞれのタイプ別体質の概要はこちら

02025


1.水分過多タイプの頭痛
03263
ぼんやり重だるい痛みがする頭痛で、
特に、頭の前側に痛みを感じます。

もともと体内に、過剰な水分をため込んでいる
体質ですので、お酒や冷たいもの、生ものなど
の飲食を続けると、痛みが悪化しやすくなります。


2.ストレス過多タイプの頭痛
03264
張りつめるような強い痛みで、熱感を伴うことが
ある頭痛です。特に側頭部に痛みを感じます。

ストレスが、すでに許容量をオーバー状態なので
ちょっとした感情の動きでも、頭痛に直結します。
温めると痛みがより強くなるので、注意しましょう。


3.体力の衰えタイプの頭痛
03266
比較的痛みが弱いので、我慢できる鈍痛です。
活動した日の夜に、痛みがでやすいのが特徴。

更年期などの過渡期に多い体質で、それまでの体力
とは違ってきているのだと自覚しましょう。
頭痛を目安にして、昼間の活動量を調整しましょう。


4.気力・体力不足タイプの頭痛
03267
比較的鈍痛で、痛みが弱く我慢できる範囲です。
活動している最中に、痛みがでるのが特徴。

この体質は、心も体もすでに疲労が蓄積した状態
なので、頭痛は許容量オーバーのサインです。
鈍痛だと過信せず、しっかり休養をとりましょう。

------------------------

現代医学(西洋医学)で診たときの
筋肉の関連痛が引き起こす「頭痛」はこちら
 
--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆他の頭痛タイプを確認する↓
「トリガーポイント診断」

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」

 

東洋医学チェックシート

05112

東洋医学での体質
診断チェックシート


東洋医学(漢方)での体質の捉え方で
あなたの未病の種類がわかります。

この1ヵ月の症状をチェックしてください。

-----------------------------------

Aタイプ
□目のクマ □顔色がくすむ □青あざができる
□肌がザラつく □特定の部位に硬いコリがある
□冷え感やコリ感が「刺すように鋭い」 
□月経量多くレバー状 □月経前に便秘・肩こり

Bタイプ
□むくみ □話し出す時にのどに痰がからむ
□胸や胃が詰まった感じ □便が柔らかい
□むくみと冷えを感じる部位が一緒
□酸っぱい水が口に逆流することがある
□肌がたるむ □いつもの靴が窮屈に感じる

Cタイプ
□イライラしやすい □眼が充血 
□ため息がでやすい □ゲップやオナラが多い
□肋骨の下や、脇腹が張って苦しい
□ストレスがかかると腸がゴロゴロ鳴る
□便がスッキリ出ない □月経時期が不安定

Dタイプ
□眼が乾く・かすむ □めまい感・ふらつき感
□乾燥肌でかゆい □便が硬くポロポロ細かい
□心臓が不定期にドキドキッと拍動する
□天気に左右されて冷えやのぼせが起こる
□月経がおくれる □月経量がいつもより少い

Eタイプ
□足腰が疲れやすい □とくに下半身がだるい
□頭髪が乾燥しやすくなった □寝汗が出る
□手足だけが、ほてる又は冷える □のぼせ感
□耳鳴り □月経量が少なく期間も短くなった

Fタイプ
□やる気がでない □話をするのがおっくう
□少し動いただけで疲れる □食欲がない
□寒い日でも動くとうっすら汗が出る
□「鈍痛だが我慢できる」冷えやコリ感がある
□排便に時間がかかる □月経周期が短い

----------------------------------

もっとも多く当てはまったものが
あなたの今の体質に近いタイプです。

「健康 ⇒ 未病(悪化している方向)」
の種類を6つご紹介します。

同数がいくつかあった場合は「ミックス型」
悪化方向が2~3組み合わさっている状態です。

どんな悪い方向へ、自分は傾いているのだろう
という視点でぜひご覧ください。

タイプ別解説はこちら
 

東洋医学のタイプ特徴

05112
診断項目のチェックが多かったものが
あなたの今の体質に近いタイプです。

どんな悪い方向へ、健康が傾いているのか
といった視点でご覧ください。

02025

Aが多いあなたは「血行不良タイプ」
03221

あまり運動をせず、長時間同じ姿勢でいる習慣が
ありませんか?血液循環が悪く疲れやすい体質で、
循環不良 → 筋肉が硬くなる → 動くのがめんどう
の悪循環に陥りやすい状況になっています。
なるべく普段から小まめに身体を動かしましょう。

---------------------------------

Bが多いあなたは「水分過多タイプ」
03222
塩分が多い食事、運動不足、水分の多量摂取の習慣
がありませんか?余分な水分をため込んだ体質で、
水分が多いため、身体も冷えやすくなっています。
食生活を見直すとともに、熱生産と循環力を持つ筋肉
を上手に動かして、余分な水分を排泄しましょう。

---------------------------------

Cが多いあなたは「ストレス過多タイプ」
03223

少しのことがカンにさわり、感情が不安定になって
いませんか?ストレスが限界を超えてしまった体質で
心への影響だけでなく、体にもストレス症状が徐々に
現れている状態。まずは感情をリセットすること。
心から楽しいと思えることをして発散しましよう。

---------------------------------

Dの多いあなたは「生活が不規則なタイプ」
03224
睡眠不足、食事の偏り、飲みすぎ、過労など
不規則な生活をしていませんか?疲労で臓器の働き
まで鈍くなっている体質です。まずは規則正しい生活
への立て直しと、十分な睡眠が最優先事項です。
消化機能が回復するまで、粗食を心がけましょう。

---------------------------------

Eが多いあなたは「体力の衰えタイプ」
03225
更年期、体力年齢の節目、不調が長期続いたとき
など過渡期におこる体質です。身体をギアチェンジ
している途中なので、いつもなら難なくこなせる事
もスムーズにいかず、すぐに疲れやすい状態です。
焦らず自覚をもって、身体をいたわりましょう。

---------------------------------

Fの多いあなたは「気力・体力不足タイプ」
03226
ストレスの長期化、重なる心労、慢性的な不眠
がありませんか?精神的ストレスと肉体的疲労の両方
が限界を超えてしまった体質です。少しの負荷で
すぐに疲れてしまうという状態を自覚して、
積極的な休養、質の良い睡眠を心がけましょう。

---------------------------------

もう一度、診断チェックしたい方は
こちらからどうぞ。

 
 
--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆頭痛タイプを確認する↓
「トリガーポイント診断」

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」

 

ストレッチしたのにコリが取れない

09101
肩甲骨まわりがゴロゴロと硬いのはなぜ?

肩こりがつらいとき。
肩甲骨の内側などを指で触ると、
他の部位より硬いゴロゴロとした塊の存在。

指で押しても、湿布や軟膏をぬっても
ちょっとやそっとじゃ、ほぐれない。

それが連日つづくと、ええぃ!
柱の角にあてがって、グリグリしちゃうぞ!
となるわけですが、

これまた押し付けたときは、気持ちいいような感覚
があるのですが、ほぐれた?コリが取れた?
かどうかというと、う~ん…?という感じ。
これはいったい、なぜでしょう。

コリを感じるというとき、身体の中はこんな状態↓

kori1

細い線維をたくさん束にしたのが筋肉

筋肉は、筋線維という太さ10~100μmの細い糸
が集まってできているのですが、この筋線維も、
筋原線維(筋細線維)というさらに細い(0.2~1μm)
糸のようなものが束になってできたもの。

つまり、筋肉とは、
細い線維が、たくさん集まった束。
その特徴は「疲れると縮む」という性質です。

縮む場所は線維によって異なっていて、上記イラスト
のように、個々の線維がバラバラに縮んでいる
のですが、これを指で見分けるのは不可能。

指では一つ一つの縮みを見分けられない。

どうやっても数㎝ある指の太さでは、
上下左右の線維をいっぺんに触ることになるので、
まとまった厚みがある塊(ゴリゴリ)として
感じることに、なってしまうというわけ。

ストレッチだけでは、コリ解消は難しい

ちなみに、この筋線維のかたまりの表面は、
「筋膜」という広大な1枚膜に覆われています。

身体を大きく動かしてストレッチすると、
表面の筋膜と一緒に、筋線維も多少引っ張られ
(膜の癒着も解消され)るので、気持ちいい感覚が
あると思います。

でも、筋線維からしたら、
「おおざっぱに引っ張られた感じ…」
というだけで、肝心なコリの部分には
あまり変化がない状態。

実は、ストレッチしても、
コリを強く感じているところは解消しない
という理由が、ここにあります。

治療では、何層にも重なった筋肉の中の、
さらに細い筋線維が固まったところをほぐす
必要があって、これを行えるのは
鍼+マッサージの総合治療

ロックされたように固まったコリを
ハリで解除して、縮んだ筋線維をマッサージで
伸ばして、本来の定位置までもどす。

想像以上に、じつは緻密な治療です。

ロックを外された後に、マッサージで
ぎゅ~~っと伸ばされる感覚は、ストレッチよりも
細やかで、身体の芯に響く心地よさです。

セルフケアやストレッチをしていても、
どうしようもなく、強いコリが感じられたら
思い切って、
鍼治療にチャレンジしてみてください。
 
--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆他の頭痛タイプを確認する↓
「トリガーポイント診断」

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」

 

片目だけ涙目

09201
片側だけの涙目・目のかすみ

いつも片方の目だけ涙目になる。
また、片方の目だけかすんで見えたり、
ぼんやり見えにくくなる という方。

まずは眼科で診察してもらうこと。

その上で異常なし「眼精疲労ですね。」といわれた
場合に、身体のどこが影響しているかというと…

首の筋肉が「片側だけ」
極端に硬くなっている可能性が高い。


原因は、パソコン作業や集中したデスクワーク、
DVD鑑賞や手作り作業など、さまざまですが、

いずれにせよ、疲労が積み重なって、
筋肉が過緊張の状態。
筋肉のこわばりが限界値を越えた状態
になっています。

目の奥に感じる疲れや、 かすみ目を引き起こす
のは、次の2つの筋肉が関係しています。


1.板状筋(とくに頸板状筋)
z6

2.胸鎖乳突筋
z1

症状を感じている側の首を触ってみると、
左右差があるぐらい硬いのがわかります。

とくに下顎の後方あたり(頭と首の境目)
を押すと、鈍い圧痛があるようなら、
間違いなく当たり!

ですが、
この筋肉は、ちょっとやっかいで
自分で柔らかくするのが難しい。

身体を横にして、寝そべった姿勢でないと
首の筋肉が緊張したままになるので、
押してもあまり効果がありません。
また、押しでも痛みが出やすい。

ですが、この筋肉がちゃんと元通りに
柔らかく回復すると、視野がクリアになり
視力がアップした感じになります。

セルフケアよりも鍼・マッサージで
ダイレクトに治療した方が早い。


こんな症状の時は
あまり自分でなんとかしようとせず、
プロに任せてしまいましょう!
早めの治療をおすすめします。
 
--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆頭痛タイプを確認する↓
「トリガーポイント診断」

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」

 

首の付け根の痛み

02132
首のつけ根が痛い

↑イラストのように、
首の付け根(肩甲骨の上方)に
慢性的なにぶい痛みを感じる場合、
 
温めたり、ストレッチで緩和されるようなら、
軽症といえますが、
 
マッサージ棒などの鋭角なもので
押したくなるほどの痛
みだとしたら、
治療してしまった方が
簡単解決の近道といえます。

なぜなら、この部位は、
少し複雑に筋肉が重なっている部分なので
自分でゴリゴリ押ししても、
治る確率が低め。



08257 
↑上記イラストの赤色の部分

とくに首の後ろや、
肩甲骨のきわに苦痛を感じるのは
「肩甲挙筋」という、
首と肩甲骨を結ぶ筋肉の疲労
です。

緑色の×印の部位を押して、
痛みが広がったり、
強く感じるようなら重症。

がまんの領域は、とうに過ぎてます。
 
この筋肉は、触ると
「すじ状」にぎょろぎょろ♪
としているので、 
座った姿勢でのセルフケアが難く、

表面から2~3層下にある筋肉なので、
ダイレクトに鍼を打ってしまった方が早い。

 
鍼のあと徒手療法
(うちはアロママッサージですが)
でコリを一つ一つ、
筋線維の正しい方向へ引き
延ばしてゆるみを出していく施術をすると
症状が戻りにくくなります。
 
「ハリで患部への直接刺激、深部治療」
  +
「徒手療法(アロママッサージ)で全体治療」
 
がまんせずに、いちど治療してみてください。
 
--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆頭痛タイプを確認する↓
「トリガーポイント診断」

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」

 

歯痛と頭痛と肩こり

10261
側頭筋のこわばりが
歯痛を引き起こす



当院がクリニックのアロマ外来でも行っている
『ニューロマスキュラーセラピー』ですが、
注:Neuro(神経)+Muscular(筋肉の)+Therapy(療法)

口腔には問題がないのに歯痛
というケースの治療法として、
最近この療法は、
歯科医院にも広がっています。
 
たとえば、

「特に歯は異常ないですよ♪」
といわれたのに
歯に鈍い痛みや違和感がある場合。

違和感…という感覚は人それぞれなので
表現が難しいのですが

噛みしめたとききに歯が浮く
感覚があったり、
歯根に向けて歯を押しつぶしたような
感覚だったり、

原因がどの歯なのか見当がつかない状態で
ギシギシするような鈍い感覚

なんかがある場合は、

頭部の筋肉が過緊張を起こして
”歯への関連痛”
を引き起こしている可能性
があります。

原因の一つが下記↓『側頭筋』
021803
上の歯全体に漠然とした鈍痛が出ます。

「側頭筋」は、
こめかみの後ろから耳にかけて
存在する筋肉で、噛みしめたり、
下あごを引き上げるときに使います。

ガムの噛みすぎたり、側頭部が冷えると
症状はさらに悪化するので要注意です。


<日常生活での緩和ポイント>
・洗髪後は早めに髪を乾かすこと
・エアコンの風が頭部にあたらないようにすること
・頭皮が冷えないように冬場は帽子を着用

<セルフケアをするときの注意点>
側頭筋の周囲には神経や血管があるので、
強く揉むと、かえって痛みが増す
場合があります。

①セルフマッサージをする場合
指先(2~5指)を使って、頭頂に向かって
引きずり上げるようにマッサージすること。

②簡易的に温めるならドライヤーを使用
頭を温めた後、タオルやゆるい帽子で
頭を保温するのがおすすめです。

とはいえ、
セルフケアでは限界がある症状なので
あまり我慢せずに早めに
鍼灸マッサージで治療してしまうこと
をおすすめします。
 
 
--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆頭痛タイプを確認する↓
「トリガーポイント診断」

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」

 

頭痛で目が覚める

02021

後頭下筋群がコリすぎると
頭痛で目が覚める


治療現場にいると、

頭痛の原因がじつは ゛筋肉のコリ゛だった、

ということがよくあります。

 

今日ご紹介するのは、

病院で「脳内に異常なし」と診断された方で、 

・寝始めて数時間すると、頭痛がして起きてしまう

・枕の高さを変えると楽になるが、すぐ頭痛がする

というケースについて。

 

枕の高さが合わないのだろうか?

と思う方も多いのですが、

いやいや、そうではありません。

頭と首の境目にある筋肉のコリ
の可能性が高い。

 

犯人は、一つの筋肉ではなく軍団

その名は“後頭下筋群”といいます。

(大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)
 

後頭と後首の境目あたりの、
とても奥にある筋肉

視覚に合わせて頭の向きを調整する

役目をしています。

10141

 

上記イラストのように、

耳の近くの側頭部に痛みのが特徴で、

目の周りから後頭部までと広範囲
に痛むので、頭半分だから片頭痛か?
と間違える方もいます。

 

ちなみにですが・・・
側頭部が痛いからと言って、

そこを押しても温めても治りません。
 

残念ながらセルフケアが効きにくい。

(10分ぐらいウォーキングすると、

深部の血行が改善して筋緊張がやわらぎ、

痛みが緩和する場合がありますが…)

根本的には原因の筋肉を緩めるしかない。

 

この後頭下筋群は、

頭と首の境目でエリアは親指の幅ぐらい。

筋肉が3~4枚重なったかなり深い部位
にあるので、マッサージだけでは表面すぎて
刺激がとどきにくい。

これこそ鍼治療の出番です。

 

とはいえ、

鍼といっても技術は、さまざまありまして...。

経絡治療など浅く刺す鍼治療だと、
ちょっと遠回り。

 

現代医学的な鍼治療、解剖学的な鍼治療で、

ダイレクトに筋の過緊張部分を

治してしまうのが一番の近道です。

 

こんな症状のときは痛みを我慢せず、

早めの治療をおすすめします。

 

 
--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆ほかの頭痛タイプを確認する↓
「トリガーポイント診断」

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」

 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら