女性専門の鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷徒歩6分の鍼灸院 アロマと鍼を融合した女性専用の治療院
(社)東京都鍼灸あん摩マッサージ指圧師会員
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム頭痛肩こり鍼治療 ≫ 上後鋸筋の痛みと肩こり ≫

上後鋸筋の痛みと肩こり

肩こりのタイプ
「肩こり部位による診断」の結果
 
◎あなたの肩こりは上後鋸筋型
肩の深層にある筋肉が
痛みを引き起こしている状態です。

上後鋸筋は、
背骨(7番目の頚椎~3番目の胸椎)
と肋骨(2番目~5番目)をつなぐ筋肉で
息を吸うときに肋骨を引き上げて
呼吸の補助をしています。

肩甲骨の下にある肋骨に付着しているので
この筋肉がこわばると、
肩甲骨の「骨きわ」の奥(×印)に痛みや
触るとゴロゴロ硬くなっていたりします。

04013


◆上後鋸筋タイプ
肩こりの特徴


休んでいるときも「肩甲骨の骨ぎわ」
の深層に強いコリ感や痛みがある

「三角筋の後面」「上腕三頭筋」
「肘」「手首」の痛みやしびれ


上後鋸筋
↑上後鋸筋の関連痛イラスト


呼吸が浅くなり睡眠にも影響
呼吸の補助をしている筋肉なので、
慢性化してくると、呼吸が浅くなります。

休んでいても常に深部に強いコリ感が出る
ので、睡眠の質も悪くなっていきます。

慢性化している人が
コリ感(痛み)がある側を下にして
横向きの睡眠をすると、翌日の症状が
さらにひどくなる
という負のスパイラル
が起きやすいので注意しましょう。



02024

◆ こんな習慣ありませんか?

(1)高めの机での作業
・高い位置で長時間イラストを描く
・高い位置にキーボードがある
・高さのある机の上での作業

04017


(2)咳(せき)やぜんそく
・慢性的な咳、長時間の咳
・肺炎、肺気腫、ぜんそく発作
04015


(3)その他
・慢性化した肩こりを放置
・むち打ちなどで損傷したことがる
・喫煙習慣がある

04021


<上後鋸筋の症状を緩和する方法>
肋骨に付着するぐらい
深い位置にある筋肉なので、
表面を温めたり、ストレッチしたり
もみほぐしたぐらいでは治りません。
セルフケアは残念ながら難しい。

また、
上後鋸筋がこわばっているということは
その上にある菱形筋も硬く縮んでいます。

この筋肉はハリ治療で直接アプローチして
深部からしっかり治療することを
おすすめします。


02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー

 


東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら