女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム ≫ お困りの症状は? ≫

板状筋の関連痛

◎ 眼精疲労に深く関係する板状筋
板状筋は、首や胸の高さにある背骨と
上方にある頭蓋骨や頚椎とを結ぶV字型筋肉。

「頭板状筋」は首と頭をつなぎ
「頚板状筋」は胴体と首をつなげています。

左右の片側だけを使えば、
頭や首を回旋させる(振り向かせる)仕事。

両側を一緒に使うと
頚部をそらせて上を向く働きをします。


◆ 頭板状筋からくる痛みの特徴
「頭のてっぺん(頭頂部)」の痛み

一緒にともなうことがある症状としては、
「後ろを振り向く動作に左右差がある」
「首の可動域がせまい」など
z8
↑頭板状筋の関連痛イラスト


◆頚板状筋からくる痛みの特徴
「目の奥」「目から頭の内部へ」の痛み

一緒にともなうことがある症状としては
「首肩のこり感」「目のかすみ」「視界がぼやける」
などがあげられます。

z6
↑頚板状筋の関連痛イラスト

首肩の動き、眼精疲労に直結する筋肉。
「離れた部位に症状が出る」という、まさに関連痛
の代表的な筋肉で、首や背中にあるのに、
頭痛やの目の疲れを誘発するやっかいな筋肉です。

分かりにくい方でも、
「首や肩を治療したら視界がはっきりした!」
なんて経験はありませんか?
そんな時は、板状筋が関係しています。

まずはストレッチはおすすめですが、
首を回旋して痛みがでるようなら、無理せず
いちど治療してからセルフケアしましょう。

02025

◆ こんな習慣ありませんか?

(1)片側を向いて顔を突き出した姿勢
・片側を向いたデスクワーク
・資料を見ながらのPC入力
06252


(2)頭を片側へ、継続して曲げる
・バイオリンなど楽器演奏
・電話などを肩と首ではさむ姿勢
06251


(3)無理な首の回旋
・首を突き出して、重いものを引く
(タイヤを引きずる、チューブを使った筋トレ)
06254


(4)その他
・首が汗や冷房で冷える
・冬に襟が大きくあいた服を着る
・立ったまま、頭を上に長時間そらせる
(花火、星空、花見などなど)


<板状筋の症状を緩和する方法>
頭板状筋は、指でツボ押し。
頚板状筋は、マッサージボールを使って
ゆっくりと筋肉に圧力をかけ緩めます。

ですが、意外と背部で押しにくい部位。
全体がほぐれず、部分的なコリが残って
かえって首が動きにくく感じるかもしれません。

いちどプロに全体を治療してもらってから
予防をかねたセルフケアをする方が
順番としておすすめです。


 

後頭下筋群の関連痛

◎ 首の奥深くにある後頭下筋群
後頭下筋群は、頭と首の境目にある4つの筋肉
大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋
の総称で、顔や頭の向きを細かく調整しています。

◆後頭下筋群からくる痛みの特徴
「頭の中全体」「片側の頭半分」
「後頭や側頭から目にかけて」の痛み

一緒にともなうことがある症状としては、
「枕のおさまりが悪い」「鈍痛で目が覚める」
「後ろをしっかりと振り向けない」など。
z5
↑後頭下筋群の関連痛イラスト

頭痛に関連する代表的な筋肉です。
目や頭の動きに合わせて、顔の角度や向きを
つねに微調整している働きものの筋肉で、
頭痛の代表的な原因筋でもあります。

資料を見ながらパソコン入力をするなど
無意識のうちに顔を前後左右に細かく動かすと
この筋肉を酷使している可能性があります。

02025

× こんな姿勢をしていませんか?

(1)資料を見ながらのパソコン作業
・いくつもの資料を並べて見比べる
・資料を見ながらメモを取る
02032


(2)頭を肘にのせてテレビを見る
・頬づえをつきながら動画を見る
02031

(3)首の後ろに冷気が当たる
首が冷えた状態でのデスクワーク
06253

(4)その他
・PC画面をのぞき込むような姿勢
・度数が強いメガネの使用
・不自然な角度で頭をキープする
・強い精神疲労やストレスの慢性化


<後頭下筋群の症状を緩和する方法>
この筋肉は首の深部にあるため、
ストレッチやマッサージだけでは刺激が届かず
対処が難しい、とてもやっかいな筋肉です。

15分くらいウォーキングや運動をすると
循環が良くなり、一過性的に痛みが和らぐ
可能性がありますが...少し経つと戻ります。
 
直接患部を治療することができる「鍼」を使って
根本的に治療してしまうことをおすすめします。
 
深部の筋肉がゆるんでしまえば、ストレッチや
温熱セルフケアでも、十分症状が緩和しますよ。
 

僧帽筋の関連痛

◎ 首と肩甲骨をつなぐ筋肉
僧帽筋は、背部表面にある大きな菱形の筋肉で
線維の方向ごとに見ると、3つに分けられます。

頭首と肩甲骨をつなぐ「上部線維」
胸椎と肩甲骨をつなぐ「中部線維」
腰上方と肩甲骨をつなぐ「下部線維」

この中で頭痛を引き起こすのは「上部線維」で
肩甲骨を上方に引き上げたり、肩をすくませたり
する働きをしています。

◆ 僧帽筋からくる痛みの特徴
「こめかみ~頭部」「首の脇」の痛み

一緒にともなうことがある症状としては、
「下あごの角が痛む」「肩甲骨まわりが硬い」
などがあげられます。
z7
↑僧帽筋の関連痛イラスト

猫背や肩をすくませた姿勢が要注意
PC作業やデスクワーク時に、悪い姿勢が続くと
僧帽筋への負担がかかります。

また、精神的な緊張や不安があると、
無意識に肩甲骨周辺に力が入ってしまい、
慢性的に肩が上がった状態で、凝り固まってしまいます。

02025

× こんな姿勢をしていませんか?

(1)机に肘をのせて肩が上がった姿勢が続く
・高すぎる机での作業
・前のめりに顔を突き出した作業
02038


(2)精神的緊張や不安で、肩に力が入る
・肩をすくませた姿勢
02037


(3)寒さで猫背の姿勢をしてしまう
・重い荷物や重いコートの着用
02036

<僧帽筋の症状を緩和する方法>
僧帽筋は一番体表にあるので、セルフマッサージや
ストレッチなどが効きやすい筋肉です。

肩井(けんせい)というツボの位置が
ちょうど僧帽筋の上にあるので、
10秒間の持続圧で押してみましょう。
3回ほど繰り返すと、少し痛みが緩和します。

首の後ろや背中側は、自分ではなかなか手が
届かない部位なので、痛みが続くようなら、
施術をうけてみることをおすすめします。
 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら