女性専門の鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷徒歩6分の鍼灸院 アロマと鍼を融合した女性専用の治療院
(社)東京都鍼灸あん摩マッサージ指圧師会員
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム ≫ 頭痛肩こり鍼治療 ≫

こめかみ 押すと痛い

01195

こめかみが痛い、

こめかみを押すと痛い
という頭痛タイプについて。

病院で検査しても、とくに異常はなく
「緊張性頭痛」や「眼精疲労」など
といわれた場合。

頭痛をひきおこす原因は、
①僧帽筋、②胸鎖乳突筋

のどちらかが、
過剰に縮んで硬くなったことによる
関連痛と考えられます。

痛みが出ている場所や症状の現れ方で、
原因となる筋肉の見当がつくので
自分に近いものを探してみましょう。

<こめかみが痛む原因①>

★僧帽筋(とくに上部線維)
(そうぼうきん)

背中の一番表面にある大きな僧帽筋。
肩こりを引き起こす代表的な筋肉ですが、
こめかみに痛みを引き起こすのは、
僧帽筋の上のほうの線維(上部線維)
首~肩甲骨についている部分です。
01197
 
< 痛みの特徴 >
・こめかみ~頭部の痛み
・首の脇の痛み

< その他の症状 >
下あごの角が痛む、首や首の付け根の鈍痛
コートやリュックサック着用が苦痛

※僧帽筋頭痛の原因となる姿勢
や習慣はこちらをご覧ください。

 

< 緩和方法 >
原因は首の後ろ側(僧帽筋)なので、
『こめかみ』や『頭皮』をアプローチ
(温めたり押したり)しても治らない

ということを覚えていてください。

僧帽筋は、背中の一番表面にあるので、
”硬くなりはじめ””軽症”の段階であれば、
セルフケアが効きやすい筋肉です。

 [ 方法1] 
僧帽筋(首)を集中的に温める
上記イラスト(僧帽筋の上部線維)の場所を
使い捨てカイロ、レンジで温めるホットパック
などで、数十分温めてみましょう。
-----------------------------------

 [ 方法2] 
僧帽筋(首)のストレッチをする
首をまわして軽く筋肉をゆるませてから、
僧帽筋の上部線維をピンポイントで伸ばします。

僧帽筋ストレッチのやり方
はこちらをご覧ください。
---------------------------------------

 [ 方法3] 
姿勢や習慣を見直す
僧帽筋の上部線維に負担がかかる姿勢
や習慣をしないように心掛けましょう。
  はこちらをご覧ください。
--------------------------------------

上記の緩和方法を行っても
こめかみの痛みが改善されない場合は
セルフケアの段階を通り越しています。

僧帽筋だけでなく、別の筋肉や
もっと深い部分にある筋肉も一緒に
硬くなっている
可能性があるので、

なるべく早めに、
(こめかみが原因ではないという)
関連痛に対して知識と技術を持った治療院で
治してしまうことをおすすめします。
 
 

<こめかみが痛む原因②>

★胸鎖乳突筋(とくに胸骨頭)
(きょうさにゅうとつきん)

首の前側にある筋肉で、
パソコン画面をのぞき込む姿勢を長時間
していると痛みが出やすい筋肉です。

こめかみだけでなく目の奥が痛むときも
胸鎖乳突筋が関係しています。

01121

< 痛みの特徴 >
・後頭部の痛み
・耳の後ろ(乳様突起)の痛み
・目や眉の周辺の痛み
・目頭からこめかみの痛み

< その他の症状 >
目の奥、目の周り、後頭部などの痛み
涙目、充血、目のかすみ、耳が聞こえにくい

※胸鎖乳突筋による痛みの詳しい内容は
こちらをご覧ください。

 

< 緩和方法 >
原因は首の前(胸鎖乳突筋)なので、
『こめかみ』や『頭皮』をアプローチ
(温めたり押したり)しても治らない

ということを覚えていてください。

 [ 方法1] 
胸鎖乳突筋(首)のストレッチをする
首をまわして軽く筋肉をゆるませてから、
首の前側を集中的に伸ばします。

胸鎖乳突筋ストレッチのやり方
はこちらをご覧ください。
--------------------------------------

 [ 方法2] 
胸鎖乳突筋を温める
上記イラスト(胸鎖乳突筋)の場所を中心に
使い捨てカイロ、レンジで温めるホットパック
などで、首全体を数十分温めてみましょう。
---------------------------------------

 [ 方法3] 
姿勢や習慣を見直す
胸鎖乳突筋に負担がかかる姿勢
や習慣をしないように心掛けましょう。 はこちらをご覧ください。
--------------------------------------

上記の緩和方法を行っても
こめかみの痛みが改善されない場合は
セルフケアの段階を通り越している状態。

ほとんどの場合、
首の前を緊張させる姿勢が原因なので
我慢していても、自然にほぐれることは
めったにありません。

なるべく早めに治療したほうがいいのですが、
じつは『首の前側の筋肉をしっかりほぐす』
のはプロでも難易度が高いテクニックです。

軽くさすった程度では治らないですし、
少しでも強いと痛みが出る部位なので、

首の前をしっかりアプローチできる技術
を持った治療院で施術をうけましょう。

しっかり首をアプローチしてもらえれば、
1回だけでも症状はかなり軽減します。



02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー

後頭部 首の付け根 押すと痛い

011101
後頭部に近い首の付け根
首のうしろに痛みやコリ感がある
というタイプについて。

病院で検査しても「異常なし」
といわれた場合。

頭と首のさかいめ付近が痛くなるのは
①僧帽筋(上部線維)
②僧帽筋(下部線維) ③肩甲挙筋

のいずれかが過剰に縮んで
硬くなったことによる関連痛

と考えられます。

痛みが出ている場所症状の現れ方で、
原因となる筋肉の見当がつくので
自分に近いものを探してみましょう。

<首の付け根が痛む原因①>

★僧帽筋(とくに上部線維)
(そうぼうきん)

僧帽筋は一番表面にあり
首~背中全体に広がる大きな筋肉で
首から肩(肩甲骨の上の方)まで
上部線維といいます。

011102

< 痛みの特徴 >
・後頭部痛
・首の後ろのコリや痛み

< その他の症状 >
僧帽筋の上部線維は
”頭痛”も引き起こす場合があります。
※僧帽筋頭痛の詳しい説明はこちら
 
  < 緩和方法 >
僧帽筋は、背中の一番表面にあるので、
”硬くなりはじめ””軽症”の段階であれば、
セルフケアが効きやすい筋肉です。

 [ 方法1] 
僧帽筋(首)のストレッチをする
首をまわして軽く筋肉をゆるませてから、
僧帽筋の上部線維をピンポイントで伸ばします。

僧帽筋ストレッチのやり方
はこちらをご覧ください。
---------------------------------------

 [ 方法2] 
僧帽筋(首)を集中的に温める
上記イラスト(僧帽筋の上部線維)の場所を
使い捨てカイロ、レンジで温めるホットパック
などで、数十分温めてみましょう。
-----------------------------------

 [ 方法3] 
「肩井」をツボ押しする
押すのは痛みの出ている首ではなく
ツボ「肩井(けんせい)」の周辺
重点的に指圧(持続圧)で押しましょう。

※「肩井のツボ押し」やり方はこちら

--------------------------------------------

姿勢や習慣を見直すのも大切です。
※僧帽筋の痛みの原因となる姿勢
や習慣はこちらをご覧ください。

上記の緩和方法を行っても
こめかみの痛みが改善されない場合は
セルフケアの段階を通り越しています。

僧帽筋だけでなく
もっと深い部分にある筋肉も一緒に
硬くなっている
可能性があるので、

なるべく早めに治療院で
治してしまうことをおすすめします。
 

<首の付け根が痛む原因②>

★僧帽筋(とくに下部線維)
(そうぼうきん)

僧帽筋の中でも下側で
背中(肩甲骨)~腰の上(胸椎の一番下)まで
ついている線維を「下部線維」といいます。

上部線維のイラストとは少し違って
首の後ろから肩まで
痛みの範囲は広がります。
011103

< 痛みの特徴 >
「首の後ろ」「肩」の強いコリ感。
「首から肩まで全体」の強いコリ感
※僧帽筋下部線維の痛み
のくわしい特徴はこちら
 
< 緩和方法 >
僧帽筋の下部線維が原因の場合
痛みを感じる部分(首の付け根)
をアプローチしても緩和しない
ことを
覚えておいてください。

 [ 方法1] 
肩甲骨のストレッチをする
肩甲骨の動きが鈍くなっている
ので動かしてみましょう。

「肩甲骨のストレッチ」のやり方
はこちらをご覧ください。
---------------------------------------

 [ 方法2] 
家族にマッサージしてもらう
ご家族がいる方なら下部線維を
直接マッサージのほうが有効です。

僧帽筋の下部線維マッサージ
の詳しいやり方はこちら


ただし下部線維は癒着しやすく
あつかいが難しいので、

あまり改善しないようなら、
早めにセルフケアに見切りをつけて
治療することをおすすめします。

※姿勢や習慣を見直すのも大切です。
下部線維が痛む原因となる姿勢
や習慣はこちらをご覧ください。

 

<首の付け根が痛む原因③>

★肩甲挙筋
(けんこうきょきん)

首と肩甲骨をつなぐ筋肉で、
肩を上方へ引き上げる時や
後ろを振り向く時にも使っています。

011104

< 痛みの特徴 >
首の付け根の強いコリ感
頭~肩甲骨までの強いコリ感

< その他の特徴 >
・後ろをしっかり振り向くことができない
・首がつっぱってスムーズに動かない
・首の可動域制限

※肩甲挙筋が痛む原因となる姿勢
や習慣はこちらをご覧ください。
 
< 緩和方法 >
僧帽筋の下部線維が原因の場合
痛みを感じる部分(首の付け根)
をアプローチしても緩和しない
ことを
覚えておいてください。

 [ 方法1] 
肩甲骨のストレッチをする
肩甲骨の動きが鈍くなっている
ので動かしてみましょう。

「肩甲骨のストレッチ」のやり方
はこちらをご覧ください。
---------------------------------------

 [ 方法2] 
家族にマッサージしてもらう
家族に頼めるなら肩甲挙筋を
直接マッサージしてもらうのが有効です。

※肩甲挙筋のマッサージはやり方
はこちらをご覧ください。


セルフケアのマッサージは
押す方向や、チカラ加減が強いと
押した瞬間は気持ち良くても、そのあとで
「もみ返し」のような違和感が起きます。

翌日、痛みやコリ感が残るなら
なるべく早めに治療してしまいましょう。
 

02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー
 

目の奥が重い 頭痛

01125
目の奥が痛い
頭痛、肩こりもある
というタイプについて。

病院で検査しても、とくに異常はなく
「眼精疲労」「緊張性頭痛」
などといわれた場合。

目の奥の痛みをひきおこす原因は、
①胸鎖乳突筋
②後頭筋、③板状筋

のいずれかが
過剰に縮んで硬くなったことによる
関連痛と考えられます。

上記3つの筋肉は、
「ドライアイ」など眼球のトラブル時にも
一緒にこわばってしまうことがあります。

痛みが出ている場所や症状の現れ方で、
原因となる筋肉の見当がつくので
自分に近いものを探してみましょう。

<目の奥が痛む原因①>

★胸鎖乳突筋(とくに胸骨頭)
(きょうさにゅうとつきん)

胸鎖乳突筋は、細かく分けると2種類あり
「胸骨頭」と「鎖骨頭」で症状が異なります。

目の奥に痛みを引き起こすのは、
体の中心側にある
『胸鎖乳突筋の胸骨頭』です。

01121

< 痛みの特徴 >
・目の奥の痛み
・目頭~眉毛~こめかみの痛み

< その他の症状 >
目のまわり、耳の後ろの痛み、
後頭部などの痛み、涙目、充血
目のかすみ、耳が聞こえにくい

※胸鎖乳突筋の痛みの詳しい内容は
こちらをご覧ください。

<胸鎖乳突筋タイプの緩和方法 >

 [ 方法1] 
胸鎖乳突筋(首)のストレッチをする
首をまわして軽く筋肉をゆるませてから、
首の前側を集中的に伸ばします。

胸鎖乳突筋ストレッチのやり方
はこちらをご覧ください。
--------------------------------------

 [ 方法2] 
胸鎖乳突筋を温める
上記イラスト(胸鎖乳突筋)の場所を中心に
使い捨てカイロ、レンジで温めるホットパック
などで、首全体を数十分温めてみましょう。
---------------------------------------

 [ 方法3] 
姿勢や習慣を見直す
胸鎖乳突筋に負担がかかる姿勢
や習慣をしないように心掛けましょう。 はこちらをご覧ください。
--------------------------------------

上記の緩和方法を行っても
症状が緩和されない場合は
セルフケアの段階を通り越している状態。

ほとんどの場合、
首の前を緊張させる姿勢が原因なので
我慢していても、自然にほぐれることは
めったにありません。

じつは『首の前側の筋肉をしっかりほぐす』
のはプロでも難易度が高いテクニックです。

軽くさすった程度では治らないですし、
少しでも強いと痛みが出る部位なので、

首の前をしっかりアプローチできる技術
を持った治療院で早めに治療することを
おすすめします。
 

<目の奥が痛む原因②>

★後頭筋
(こうとうきん)

その名前の通り後頭部にある筋肉で、
頭皮を引っ張り、額や眉を動かす筋肉です。

01122

< 痛みの特徴 >
・目の奥や眼球の痛み
・頭全体に広がる痛み
・後頭部から前へ広がる痛み

< その他の症状 >
・頭皮がチクチク痛む
・頭表面に熱感がある
・仰向け睡眠が苦痛
・横向きにならないと眠れない

後頭筋の痛みの詳しい内容は
こちらをご覧ください。


 [ 要注意!] 
後頭筋の上記症状にあてはまって
”久しく医療機関に行っていない方”
まず眼科を受診してみてください。

「視界がぼやける」「視界がおかしい」
という場合は、
眼圧が高かったり、緑内障が影響して
後頭筋の緊張を引き起こしている
ケースがあります。

視力が低下した場合も、
後頭筋が過緊張を引き起こすことがあるので
まずは除外診断(正常です♪という診断)
をしてもらうつもりで検査してみましょう。

<後頭筋タイプの緩和方法 >
眼科や医療機関で「異常ありません」
と診断された方向けの緩和方法です。

 [ 方法1] 
後頭部を温める
後頭筋(上記画像参照)に温める器具
(ホットパックや温タオル)を当ててみましょう。
仰向けに寝るとやりやすくなります。

※温タオル
タオルを水で濡らして軽く絞り
ビニール袋に入れてレンジで1分加熱する
と温かいホットタオルが簡単に作れます。

------------------------------------------
 [ 方法2] 
頭皮表面に熱感がある場合は
後頭部を冷やす

頭皮(表面)が熱く感じる場合や、
後頭筋が神経を直接締め付けている場合は
温めると不快に感じるので、アイスパック
や保冷剤をタオルなどに巻いて
後頭部を冷やしてみましょう。

-----------------------------------------
 [ 方法3] 
首の前後をストレッチ
首をまわして軽く筋肉をゆるませてから、
首の前と後ろをそれぞれストレッチします。

首の前側:胸鎖乳突筋ストレッチのやり方
はこちらをご覧ください。

首の後側:僧帽筋ストレッチのやり方
はこちらをご覧ください。

--------------------------------------

医療機関で「異常なし」で
後頭筋の症状が出ている場合の多くは、

すでに首肩の筋肉に強いこわばりがあり
それを放置して悪化させた
ものです。

冷温療法いずれにせよ、
症状が軽減するのは一過性なので、
なるべく早めに、首肩の過緊張を取る
鍼を使った根本治療をおすすめします。
 

<目の奥が痛む原因③>

★板状筋(とくに頚板状筋)
(ばんじょうきん)

板状筋は詳しく分けると2種類あり、
目の奥に痛みを引き起こすのは
背中と首をつなぐ「頚(けい)板状筋」
※解剖用語では首を「頚」と書きます。

01123

< 痛みの特徴 >
・目の奥の痛み
・目から頭の内部への痛み

< その他の症状 >
目のかすみ、視界がぼやける
首を動かしたときの背中の鈍痛

※頚板状筋の関連痛を引き起こす姿勢
や原因など詳しくはこちらのページ
 

<板状筋タイプの緩和方法 >

 [ 方法1] 
板状筋を指でゆっくり押す
頚板状筋は首の横についているので
ゆっくりを指圧するように押してみます。
 
板状筋の指圧のやり方
こちらをご覧ください。

----------------------------------------------
 [ 方法2] 
首と背中を温める
上記イラスト(板状筋)の場所を参考に
使い捨てカイロ、レンジで温めるホットパック
などで、首や背中を数十分温めてみましょう。

---------------------------------------
 [ 方法3] 
姿勢や習慣を見直す
板状筋に負担がかかる姿勢
や習慣をしないように心掛けましょう。

板状筋の痛みを引き起こす習慣
はこちらをご覧ください。
 
--------------------------------------

上記の緩和方法を行っても
症状が緩和されない場合は
セルフケアでなんとかできる状態を
通り越しています
ので治療が必要。

頚板状筋は、僧帽筋のように広範囲にある筋肉
ではないので、骨に付着している付近を
ピンポイントに施術する
必要があります。

全体的に(おおざっぱに)マッサージしたり
ストレッチで引き伸ばしたぐらいでは
緊張がほぐせない筋肉なので、
鍼(ハリ)を使用できる治療院で
細かく治療ことをおすすめします。

02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~19:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら