女性専門の鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷徒歩6分の鍼灸院 アロマと鍼を融合した女性専用の治療院
(社)東京都鍼灸あん摩マッサージ指圧師会員
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム頭痛肩こり鍼治療 ≫ 危険な頭痛の特徴 ≫

危険な頭痛の特徴

01301
迷わずすぐに病院へ!
「危険な頭痛」の特徴

<頭痛の感じ方>
突然の激しい痛み
・時間とともに痛みが強くなる
今まで感じたことのない強い痛み

<頭痛といっしょに出ている症状>
言葉(ろれつ)が回らない
・手足のしびれ
発熱もある
物が二重に見える

※上記以外の症状でも、長引くときは
検査することをおすすめします。

要注意な頭痛

「命の危険がある頭痛」
の代表例をご紹介します。

1.くも膜下出血
バットで頭を殴られたような激痛で、
いつ起こったか(何時何分に起こったか)
が、はっきり自覚できるほどの強烈さ。

出血が神経や髄膜を刺激するので
吐き気や意識低下なども起きます。
一刻をあらそうので迷わず救急車を。


2.脳出血
頭痛は突然で、徐々に痛みは強くなり
吐き気や意識がなくなることも。

”痛みが軽い場合”もありますが、
手足のしびれ、動かしにくい
視覚がゆがんでみえる、二重に見える
などの症状がともなうので、
頭痛以外の症状が軽減しなかったり、
おかしいな?
と思ったら
なるべくすぐ(半日以内)に病院へ。


3.髄膜炎
激しい頭痛と発熱。
首の後ろの硬直が起きることも。

髄膜が炎症を起こしているので、
頭を振ったり、いきんだりすると痛みが増強。
細菌やウイルスなどが感染すると、
40℃近い高熱になります。


4.脳腫瘍
頭重感や鈍痛が慢性的に感じるようになり
徐々に症状が強くなっていきます。

腫瘍によって脳内が圧迫され
吐き気がないのに突然吐いたり、
けいれん発作が起きる場合も。

慢性的な頭痛の方は、
たとえ我慢できる鈍痛だとしても、
一度は検査することをおすすめします。


5.慢性硬膜下血腫
頭を打って時間がたった後の頭痛。
硬膜とくも膜の間で出血しているが
微量のため打撲後すぐには症状が出ない。

認知症のような症状や、手足のしびれ
尿失禁、意識がぼんやりするなど
の症状があらわれることもあります。

-------------------------

病院で検査してみたら
「緊張型頭痛」「眼精疲労」「異常なし」
と言われた方はこちらをどうぞ

02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー


東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら