女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホームお困りの症状は? ≫ 後頭下筋群の関連痛 ≫

後頭下筋群の関連痛

頭痛のタイプ
トリガーポイント診断」の結果
 
◎あなたの頭痛は「後頭下筋群」
首の奥深くにある筋肉群が、疲れて硬くなり
頭部に関連痛を引き起こしている状態です。

後頭下筋群は、頭と首の境にある4筋肉の総称で
(大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)
顔や頭の向きを細かく調整している筋肉群です。


◆後頭下筋群の痛みの特徴
「頭の中全体」「片側の頭半分」
「後頭や側頭から目にかけて」の痛み

一緒にともなうことがある症状としては、
「枕のおさまりが悪い」「鈍痛で目が覚める」
「後ろをしっかりと振り向けない」など。
z5
↑後頭下筋群の関連痛イラスト

頭痛に関連する代表的な筋肉です。
目や頭の動きに合わせて、顔の角度や向きを
つねに微調整している働きものの筋肉で、
頭痛の代表的な原因筋でもあります。

資料を見ながらパソコン入力をするなど
無意識のうちに顔を前後左右に細かく動かすと
この筋肉を酷使している可能性があります。

02025

× こんな姿勢をしていませんか?

(1)資料を見ながらのパソコン作業
・いくつもの資料を並べて見比べる
・資料を見ながらメモを取る
02032


(2)頭を肘にのせてテレビを見る
・頬づえをつきながら動画を見る
02031

(3)首の後ろに冷気が当たる
首が冷えた状態でのデスクワーク
06253

(4)その他
・PC画面をのぞき込むような姿勢
・度数が強いメガネの使用
・不自然な角度で頭をキープする
・強い精神疲労やストレスの慢性化


<後頭下筋群の症状を緩和する方法>
この筋肉は首の深部にあるため、
ストレッチやマッサージだけでは刺激が届かず
対処が難しい、とてもやっかいな筋肉です。

15分くらいウォーキングや運動をすると
循環が良くなり、一過性的に痛みが和らぐ
可能性がありますが...少し経つと戻ります。
 
直接患部を治療することができる「鍼」を使って
根本的に治療してしまうことをおすすめします。
 
深部の筋肉がゆるんでしまえば、ストレッチや
温熱セルフケアでも、十分症状が緩和しますよ。
 
 
--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆他の頭痛タイプを確認する↓
「トリガーポイント診断」

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」

 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら