女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、鍼灸とアロマを融合した女性のための治療院
(社)東京都鍼灸あん摩マッサージ指圧師会員
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホームお困りの症状は? ≫ 首の付け根の痛み ≫

首の付け根の痛み

肩こりのタイプ
「肩こり部位による診断」の結果
 
◎あなたの肩こりは
肩甲挙筋型

首と肩甲骨をつなぐ肩甲挙筋が、疲れて硬く
なり、関連痛を引き起こしている状態です。

08282
肩甲挙筋は、
肩甲骨を上方へ引き上げる筋肉で
後ろをふり向くときの補助もしています。

この筋肉のコリが重症化すると
「痛むような肩こり」「首の可動域制限」
「リラックスしていても常に感じるコリ」
に発展することもあります。


◆肩甲挙筋タイプの特徴
「首の付け根」に痛みや強いコリ感。

一緒にあらわれる症状としては
「後ろをしっかり振り向くことができない」
「首を回すと張ってスムーズに動かない」
などの可動域制限があげられます。


肩甲挙筋1
↑肩甲挙筋の関連痛イラスト


首の付け根がゴリゴリする原因。
痛みは、肩甲骨の付着部の近くに感じ
押すと首~肩へ関連痛が広がります。

日常の姿勢がかなり影響していて
無意識に負担のある動作を
長時間している可能性が高い。

なにげに
睡眠の姿勢も関係しています。

02024

◆ こんな習慣ありませんか?

(1)一方向を向きながらキーボードを打つ
・キーボードの位置が高い
・横目で繰り返し資料を見る
・横にいる人と話ながらのPC作業
02052


(2)肩をすくませた姿勢
・鞄をいつも同じ片側の肩だけ使用
・緊張した運転、イライラ運転
・杖をつきながらの長時間歩行
02051


(3)睡眠時に首を傾けている
・顎を上げて(頭を後ろそって)寝る
・電車や飛行機でよりかかって寝る

02053


(4)その他
・テニスや水泳などのやりすぎ
・テニスコートでの長時間の観戦
・むち打ち損傷


<肩甲挙筋の症状を緩和する方法>
自分一人でセルフケアする場合は
効きが弱いかもしれませんが
ストレッチぐらいです。

第三者(家族)に頼めるなら
ピンポイントの指圧がおすすめ。

<肩甲挙筋ピンポイント指圧>
・受け手の姿勢はうつ伏せ(胸にクッション)
・指圧者は受け手の頭の前に座る

①筋肉が付着している肩甲骨の角に、
親指(両方の親指)を置き、ゆっくり押す
急いで強く押すと痛いので注意

②受け手が心地よいと思える圧になったら
そのままの深さで動かさず3分間キープ

③少し経つと、押す圧や深さは同じなのに
最初に押された痛みより軽く感じるので、
もう一押し深く押してもらい3分間キープ

※押す方向は、床↓ではなく腰→方向へ
肩甲骨ごと動かすつもりで押し込みます

指圧する人は、手が疲れるので
前のめり姿勢で体重をのせてみましょう。

これはあくまでも応急処置です。

押す方向や、チカラ加減が強いと
押した瞬間は気持ち良くても、そのあとで
「もみ返し」のような違和感が起きます。

押したときの刺激の良さだけで
翌日筋肉が柔らかくなっていないようなら
なるべく早めに治療してしまいましょう。
 


 

--------------------------

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次



◆他の頭痛タイプを確認する↓
「頭痛チェックシート」

片目だけ涙が出る

ストレッチしたのにコリが取れない

虫歯ではないのに歯痛

頭痛で目が覚める

◆東洋医学で頭痛を診てみる↓
「東洋医学での頭痛」

◆あなたはどの未病のタイプ?↓
「東洋医学チェックシート」

◆ほっと一息ついてみませんか↓
「心のサプリメント」
 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら