女性専門の鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷徒歩6分の鍼灸院 アロマと鍼を融合した女性専用の治療院
(社)東京都鍼灸あん摩マッサージ指圧師会員
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム頭痛肩こり鍼治療 ≫ 多裂筋・回旋筋の肩こり ≫

多裂筋・回旋筋の肩こり

肩こりのタイプ
「肩こり部位による診断」の結果
 
◎あなたの肩こりは
多裂筋・回旋筋型

背骨の一番深いところにある筋肉が
関連痛を引き起こしている状態です。

多裂筋も回旋筋も、とても短い筋肉で
上下1~2個離れた背骨どうしをつなぎ
体幹をねじったり、そらしたりする時
に使います。


04028


◆多裂筋・回旋筋タイプ
肩こりの特徴

「背骨の深部」の持続的な痛み
筋肉というより「骨の間」「背骨の奥」
に強い圧痛を感じる

姿勢を変えても痛みは変化しない。


多裂回旋筋
↑多裂筋・回旋筋の関連痛イラスト


背骨の奥の痛み
深層の深層。一番奥の筋肉。
上下の背骨を結ぶ筋肉なので
疲労すると背骨の痛みにも感じます。

とはいえ、
骨の問題か、筋肉なのかは
触っただけではわからないので

まずは整形外科で
骨や背骨の中に異常がないか検査する
ことをおすすめします。

そのうえで、筋肉の治療を
はじめましょう。



02024

◆ こんなことがありませんか?

・事故やケガ、転倒など
・スポーツ障害
・疲労した体で無理な姿勢をした


040201



<多裂筋・回旋筋の症状
を緩和する方法>

セルフケアはありません。

まずは整形外科で
骨、周囲の靭帯や神経、背骨の中など
診てもらいましょう。

異常がないということなら
筋肉の治療にすすみます。

かなり深い部位にあるので
ハリ治療でないと難しい筋肉です。
周辺の関連する筋肉も含めて
総合的に治療することをおすすめします。


02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー

 


東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら