女性専門の鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷徒歩6分の鍼灸院 アロマと鍼を融合した女性専用の治療院
(社)東京都鍼灸あん摩マッサージ指圧師会員
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム ≫ 養生メニュー ≫

お灸の効果

 
031501

最近は「火を使わない温灸」や
「煙がでないお灸」「アロマの香りのお灸」
などいろんな種類が売られていますが、

おすすめめは
『火を付ける定番タイプ』
”もぐさ”のお灸
02217

『温筒灸』といわれるもので
皮膚ともぐさの間に”空気層”があり
間接的に温熱刺激を与えるものです。

お灸特有の
”熱さ”と”匂い”がありますが
さまざまな効果が分かっています。

031503

<お灸の効果>

 1.お灸の熱さによる効果 
高温の熱で、
皮膚局所のたんぱく質変性が起き
免疫が活性化、抗体が産生される


 2.お灸の香りによる効果 
「もぐさ」に含まれる成分
シネオール、ツヨンなどの香りが
ホルモン・自律神経・免疫の中枢
である視床下部を刺激する


 3.経絡(ツボ)による効果 
お灸をする身体の部位を
自分の症状にあった場所にすれば
不調を立て直すことができます。

031504

当院でも治療でお灸を使うのですが、
その”残り香”を嗅いだ方の多くが
「落ち着く香り」「懐かしい香り」など
好意的な印象のようです。

TPOにもよるので
リラックスできる時間帯に
行ってみましょう。

お灸の煙のにおいは、
服や髪の毛にも付きますので
外出しないような時間帯や
のんびりできる休日がおすすめです。

02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー

お灸はバスルームがおすすめ

031502
自宅でお灸をするなら
バスルームがおすすめです。

お灸の煙や匂いを、
他の部屋に広げることもなく
集中して換気させることができます。

あくまでも
「換気の良さ」「密閉空間」という
部屋の機能を有効活用するつもりで、

お灸を始める前に
バスルームを「セルフケアルーム」へと
環境を整えることが大切。

041404

まずは、お風呂場の床は、
水気をしっかり拭きましょう。

お灸をするときは、
ゆったり力を抜いた姿勢を取れるように
マットやタオルを敷くか、
イスを持ち込むなどの工夫が必要です。

養生メニューでご紹介するのは
基本的には「手足にあるツボ」なので
服を着たままで行えますが、

身体が冷えないように
お灸をしていない部位はブランケットや
タオルなどで覆うようにしましょう。


02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修
「患者さまご自身で行う養生法」
セルフケアメニュー

気力体力不足タイプのツボ

061703
現時点での自分の体質がわかる
「東洋医学チェックシート」

結果が
『気力・体力不足タイプ』向けの
自宅で行う”お灸セルフケア”です。

このタイプは
精神的ストレスと肉体的疲労の両方が
限界を超えてしまった体質です。少しの負荷で
すぐに疲れてしまうという状態を自覚して、
積極的な休養、質の良い睡眠を心がけましょう。

--------------------------------------------------

03226
  < 気力・体力不足タイプの特徴 >

■少し動いただけで疲れる ■食欲がない
■寒い日でも動くとうっすら汗が出る
■”鈍痛で我慢できる”程度の冷えや痛みがある
■温めると身体が楽になるがすぐ症状がもどる
■ヤル気がでない ■話をするのがめんどう
■便が大きい又は排便に時間がかかる
■排便後に疲労感が出る ■月経周期が短い
------------------------------------------------------------

「気力・体力不足タイプ」のツボ

★三陰交(さんいんこう)

足太陰脾経にあるツボで
肝経・脾経・腎経の3つの経絡が交わる要穴。
肝脾腎の三臓の働きを補い調節する効果があり
(東洋医学でいうところの)身体を構成する
”気血水”の生成不足や巡りを良くします。

061803

< ツボの場所 >
内くるぶしの指4本上
内くるぶしの一番尖った高さから
指4本上で脛骨のキワにあります。

※ツボはあくまでも目安です。
押したときにズンと鈍い感じ
がある場所があなたのツボの場所
とおもってください。


< お灸 >
1日1回
熱く感じるまで行います。

もし1つ目のお灸で熱く感じてきたら
途中だったとしても終了してOK。

お灸は数ミリだけずらすと
熱さはなくなる
ので
お灸を動かしながら熱さを回避して
最後まで行うのも上手な方法です。
 
お灸はバスルームがおすすめ
お灸の効果はこちら



02024

頭痛をチェック(クリック↓詳細)
040502

肩こりのチェック(クリック↓詳細へ)
040503

02024

『鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ』
健康コラム:目次

片目だけ涙が出る
こめかみが痛い頭痛
目の奥が痛い頭痛
ストレッチしたのにコリが取れない
虫歯ではないのに歯痛
頭痛で目が覚める

◆あなたはどの未病タイプ?↓
「東洋医学での頭痛」
「東洋医学チェックシート」

◆かおり&やすらぎ監修

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~19:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら