女性専門の鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷徒歩6分の鍼灸院 アロマと鍼を融合した女性専用の治療院
(社)東京都鍼灸あん摩マッサージ指圧師会員
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム養生メニュー ≫ 前・後へ一歩のやり方 ≫

前・後へ一歩のやり方

090608
<かおり&やすらぎ提案>
『 体質改善トレーニング 』

4つの動きを2セット行うことで
「筋肉量を増やす+脂肪燃焼ダイエット」
の両方が期待できる4分間の運動です。

正しい姿勢がカギになるので
一つ一つの動きを詳しく説明しましょう。

091101

全4種類の動きのうち、②と④は
片足ずつ交互に「前」または「後ろ」へ
一歩動かす運動
です。

②は、前へ一歩(左右交互に)20秒
④は、後ろへ一歩(左右交互に)20秒

出す方向が「前」か「後ろ」の違い
だけなので、一緒に説明すると、

-------------------------------------------
『前・後へ一歩』
3つのポイント

(1)前脚の「膝(ひざ)の角度は90°
(2)後ろ脚の膝は床につかないように
(3)正面から見て膝下が内外へぶれないように

----------------------------------------------

091306

(1)前脚の「膝(ひざ)の角度は90°」

「前に一歩だす」動きも
「後ろに一歩引きさがる」動きも
どちらの動きも
”前にある足の膝は90度”
を守りましょう。

※つま先より膝が前へ出ると、
ひざへの負担が大きくになります、
注意しましょう。

091309

(2)後ろの「ひざは床につかないように」

「前に一歩だす」動きも
「後ろに一歩引きさがる」動きも
どちらの動きも
”後ろにある足の膝は
床につかないように”

気を付けましょう。

※特に「後ろへ一歩引きさがる」動きのときに
反動をつけて膝をまげると、床につきやすく
なりますので注意しましょう。


091602

(3)正面から見て
「ひざ下が内外にぶれないように」


「前に一歩だす」動きも
「後ろに一歩引きさがる」動きも
どちらの動きも
”動かす脚の膝下(すね)が、
内側や外側に
ブレないようにように”

気を付けましょう。

①「後ろへ一歩引きさがる」動きの注意点(↓写真)
動かす後ろ足が見えないために
内側や外側にブレやすくなります。
”鏡の前で”
いちど動きをチェックしてみましょう。

↓一歩さがるときは、膝下がブレやすい!
091303


②「前へ一歩出す」動きの注意点(↓写真)
脚の動きが見えるので、比較的ブレにくい
のですが、太ももの内側の筋肉が弱いと
内側にブレやすくなるので注意しましょう。↓
091302

 
n12
 
052601
 
n12
 

<頭痛・首肩こり・痛みの専門治療>
鍼灸アロマ治療院かおり&やすらぎ

 
当院では慢性疼痛(3か月以上続く苦痛)
頭痛・首肩こり・背部痛・腰痛・手足痛を
専門的に分類して治療しております。

クリック↓詳細に進みます
060101 center; 060102 center;

かおり&やすらぎ
 
052602 052603

n3

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[受付]
9:30~18:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら