女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム ≫ 養生メニュー ≫

精油の香りを部屋に広げるなら

01201
風邪予防で香りを焚くのなら

お部屋にディフューザーなどで
精油の香りを広げると、
「加湿」「免疫力アップ」「疲労回復」
という点で、風邪予防に役立ちます。

使用する精油は、香りを確認して
「今一番好きな香り」を選びましょう。

精油の殺菌効果は気にしなくてOK。

...というのも、現実的に考えて、

部屋の空気清浄を精油で行う
のは難しいからです。


具体的に計算してみると、
例えば、300㎥の部屋に精油6滴を揮発させる
とすると、香りの濃さは1ppb程度になりますが、
この程度では殺菌作用はほとんどない状態。 

空気清浄するということは、
『燻蒸殺菌』するようなもの。

もし本気でやるなら、
粘膜刺激で目を開けていられないぐらいの
高濃度を使わないと無理だと考えます。

※プラセボ効果で、風邪をひかない♪
というのはあるかもしれませんが...。

09115

それよりも、効果の視点を変えて
『原始的な脳(大脳辺縁系)を興奮させて、
免疫を調整する脳(視床下部)を刺激する』
という方が意味が大きいと思います。

そのためには本能的な脳(大脳辺縁系)が
理屈ではなく「直感で心地よいと感じる」
かどうかが、重要的なカギです。

免疫力アップには
理屈ではなく、
心に今ひびく香りが一番。


香りは精神的ストレスや疲労で
弱っている抵抗力を立て直す
もってこいの方法ともいえます。

銘柄や作用に惑わされずに、
「いま一番好きな香り」を探してみてください。

もし、精油の殺菌効果を期待するなら、
もっともっと、すご~く狭い空間...
つまり鼻腔や口腔などに香りを充満させる
ような『吸入』がおすすめです。

精油の殺菌力を活かした吸入法

 

風邪予防におすすめ吸入法

01131

風邪予防のための精油吸入法
【基礎編:手洗い・うがい・精油吸入】
 

風邪をもらってしまったかも?と思ったら

いつもの手洗い・うがいにプラスして、

精油の香り成分を鼻から吸う

『精油吸入』がおすすめ

 

これは
「うがい薬で口の中をケア」と同じように

『香り薬で鼻の中をケアする』ということです。

 

風邪の菌やウイルスは、とても小さいので、

吸気に混じって、左右の鼻の穴だけでなく

さらに奥の小空間(副鼻腔)まで入ります。


↓下記イラストで、黄色の部分が副鼻腔
09113

風邪や花粉症の時に、
頬や額が重く感じたことがありませんか?

または、風邪の時に鼻をかんだ後、
さらにフン!といきんでみたら
奥から鼻汁がでてきたことがありませんか?

それこそ
副鼻腔に鼻汁が溜まってしまったときの症状。

この副鼻腔という小空間は、
左右の鼻と同じ粘膜が張り廻られているので
いっちょまえに(笑)鼻水鼻汁を出します。

つまり、
左右の鼻の穴に病原微生物が付着すると、
同じ粘膜がつながっている奥の空間まで
感染が広がる
ということです。
 

副鼻腔は鼻うがいは届かないですし
奥の空間なのでケアが難しく、めんどう。

 

そこで、
「粒子が小さく奥まで届く
芳香成分(精油)で殺菌する」

というわけです。


精油をお部屋に香りを広げるのと違って
殺菌効果が直接期待できる行為なので、
精油の効能を確認しましょう。


(※微生物の殺菌効果が期待できる精油)

粘膜に直接ぬるわけではないので、
刺激も少なく安心して行えます。
※アレルギーや基礎疾患がある方はご注意ください。
 

09114
 

<風邪予防の吸入方法>


◆準備するもの
・殺菌・制菌効果のある精油
・ティッシュ1枚

※手洗い・うがいを事前にすませてください。

1.精油をティッシュに1~2滴つけ、
香りがするところまで鼻に近づける
(肌にはつかないように気をつけましょう)
 

2.左右どちらか一方の鼻を指でふさぎます
 

3.開いている側(ふさいでいない側)の鼻から、
香りごと空気をゆっくり吸いこみます
 

4.吸い込んだ香りは、息と一緒に口から出す

5.3回繰り返したら、反対側も同様に行います


外から帰ってきたときに、手洗い・うがいとセット
で行うことをおすすめします。

※応用編の「マスクで吸入する方法」

 

殺菌効果のある精油

01163

殺菌・制菌力のある精油

精油は、科学的に解明されている効能が
まだまだ少ない状態なのですが、

殺菌・制菌効果に関しては、実験がしやすいため
効果が徐々にわかってきています。

多くの実験は、シャーレに微生物(細菌や真菌)
を培養して、その中に精油成分を入れ、
繁殖が抑えられるかどうかを見る
というやり方です。

微生物の数はすごくあるので、すべての菌が
実験されているわけではありませんし、
精油成分がまったく効かなかった
という微生物もあります。


ここでご紹介するのは、
どの菌も殺せるというわけではないけれど、
殺菌・制菌効果が比較的高めで、
多種類の微生物に効果が見られる精油

をご紹介します。

09114

「鼻吸入」や「マスク内吸入」で
使用するなら下記がおすすめです。

◆ティートリー
◆ラベンダー
◆ユーカリ・ラディアータ


※一般的なユーカリは「ユーカリ・グロブルス」
という名前で、上記の近種ですが別物です。
(殺菌力はちょっと...弱め)

吸入前に、必ず香りを確認して、
直感的に心地よいと感じる香り
を選びましょう。

どんなに殺菌力があっても、
苦手な香りは「吐き気」を起こしますし、
嗅覚で脳を刺激して免疫力アップという点でも
逆効果になりかねません。

第2候補で精油をあげると下記です。
◆ラベンサラ
◆フェンネル


もし、どれも苦手だ...という場合は、
殺菌目的での吸入はやめて、

免疫力アップとリラックスをかねた
部屋全体に好きな香りを広げる方法
に切り替えましょう。


09154


精油の殺菌効果を活かすときに
1つだけ気を付けたい点があります。

精油は、水に混ぜたり
基材に溶かしたりすると
殺菌効果が低下します。


<例>
×精油をお風呂に入れる

×水に薄めてスプレーをつくる

×アルコールに混ぜる
×植物油に混ぜる

じっさいに実験もされているのですが、
別の基材に混ぜると、成分が中和したり
取り込まれたり、コーティングされたり...

とにかく、微生物と戦う前に、
基材に取り込まれて力が弱まる
ということです。

殺菌行為という点ではおすすめしません。
(リラックス目的ならOKですよ♪)

 

精油は気化(蒸発)すると
最も殺菌力を発揮する

ということがわかっています。


なにかに混ぜて薄めるのではなく

「精油を自然に蒸発させた状態の香りを吸い込む」

という方法で、ぜひ使用してみてください。

 

ティッシュにつけて数回吸入する方法

がおすすめです。



09153

上級者用の知識編としてですが、
じつはもっと殺菌効果が高い精油があります。
(ただし、取り扱いに注意が必要)

◆タイム 
◆シナモン・バーク

微生物を殺せる成分ということは、
見方を変えると
『人間の皮膚や粘膜への刺激が強い』
ということでもあるので、十分注意しましょう。

直接触れないように吸入しても、粘膜刺激で
鼻の奥が痛く感じたりすることがあります。
 

夏バテ・胃が重い

09051
夏バテ、胃もたれ、吐き気

「食欲がない」「食べると胃が重く感じる」
「疲労感がぬけない」「急にヤル気がなくなる」

こんな症状があるときは、消化器系の血行不良。
胃腸が冷えている可能性があります。

スタミナ不足だと思って、ウナギとか肉とか
食べてると、かえって胃が重くなって逆効果。

原因は、冷たい飲食です。

まだまだ暑い時期だと思い込んで、
冷たいものを飲んでしまうと、
消化器系の臓器へ向かう末梢血流が
にぶくなるので
胃腸の動きが止まってしまいます。


臓器の不調は、メンタル面にも影響するので、
急にヤル気がなくなったり、落ち込んでみたり。

どうです?思い出してみると、冷たいものを
飲んだ後に、そうなりがちではありませんか。

タピオカとか、炭酸水とか、コーヒーとか
ヤル気を出すために飲むのなら、

なるべく常温、もしくはホットで飲む
(炭酸水でホットは…ないか。笑)

「どうしてもアイスやかき氷はやめられない!」
という方は、
必ず腹巻を着用すること。
09053

最近の腹巻は、かわいいデザインのものが多く、
厚手のものから透けてるものまで、素材もたくさん♪

腹巻は、ずり落ちないようするために、
伸縮自在のストレッチ素材になっているので、
胃腸を適度に圧迫するツボ押し効果
もあります。

半袖やノースリーブで腕を露出していても、
お腹だけは温めておく。

腹にフィットする感覚は、想像以上に心地いい
ものです。かく言う私も、絶賛着用中!
腹巻をして好物の炭酸水を飲んでおります(笑)

 

胃もたれと吐き気

09054
腹巻をしても胃もたれ
があるとき


「腹巻をしているのに、胃腸の調子が悪い」のは
ストレスの影響が大きい。

精神的緊張が加わると、交感神経が興奮。
胃腸を動かす副交感神経からの連絡が来ないので
保温してても臓器は動きません。
(指令が来ない~!ってやつです。泣)

胃から脇腹までの、肋骨の際がパンパンに張ったり、
ゲップとオナラが頻繁に出るようになったり、
背中が重く感じるなんて症状がでてきます。

保温してもだめなときは、ツボ押ししましょう!

今回おすすめのツボ:
胃兪(いゆ)

04154
 
<ツボの探し方> 
両脇腹を指でさすって、一番下の肋骨を探します。
 左右の肋骨下端をむすんだ線から、指2本上。   
背骨の両側が「胃兪」になります。

<押し方>
おすすめなのは、マッサージボール。
(テニスボール、野球ボール、中山式快癒器でもOK)

1.仰向けに寝て、膝を曲げます。

2.片側のツボにマッサージボールを当ててズーン♪
とした圧痛があるかどうかを確認(あったら当たり)
※圧痛がなかった場合は、上下左右に少し動かし、
圧痛がある部位を探します。

3.圧痛を感じたら、腹式呼吸を意識して、
5分ほど動かさず持続圧させます。
※刺激が強かったり弱かったりする場合は、
膝を立てて圧を調節してください。

特に “左側の胃兪”がポイント。

心地よい圧痛を見つけられるようになると、
グルルルル~♪
という胃腸が動く音が聞こえるようになります。

寝る前や食事の前後などに、 試してみてください。

ストレス性胃炎にハーブティー

08301
慢性の胃炎にハーブティー

ストレスが消化されない状態を
東洋医学では「気滞」といいます。

身体の構成要素である「気」「血」「水」のうち
「気」の動きがとどこおる状態のこと。

・ゲップやおならがよく出る
・お腹の上のほうが張っている
・のどの奥が詰まったような感じがする
・なにもしてないのに息苦しさを感じる

なんて時は、気が滞っている可能性が大。

放置すると消化器系の動きが鈍くなり
食欲不振や胃炎が起こりやすくなる
ので要注意です。


そんな「気滞」からくる消化器系の不調は
ハーブティーを漢方のように使用すると
効果が出やすい。

おすすめなのはミントティー。
(※ミント(薄荷)は、胃腸の動きを整える
漢方薬としても使用されているハーブです)

ペパーミント、スペアミント、薄荷、
どれでもOKですが、なるべく他のハーブとミックス
されていない、1種類だけのものを選びましょう。

大切なのは、飲むタイミングです。

漢方薬も食前に服用しますが、
ハーブティーは、お湯でエキスを抽出したもの
なので、さらにマイルドな効用が特徴です。

よく患者さまから、
「水分補給でお茶代わりに飲んでいても効かない」
という声を聞きますが(笑)

こんなマイルドすぎるハーブティーを
不調に効かせるためには、工夫が必要です。

漢方のような食前どころではないんです。

朝起きがけの
「胃が空っぽな状態」で飲む

ということを試してみてください。
08302

『気のめぐりを良くするミントティー』の飲み方

1.朝起きてすぐ、他の水分を取る前に飲むこと
2.ホットティーにして、温かいうちに飲むこと
(熱湯で2~3分以上蒸らしてから入れること)
3.イッキに飲まずゆっくりと、香りも味わうこと

08303

これさえ守ればティーパックでもOK!

朝食前の水分補給として、テレビを見ながら
のんびりと飲んでいるうちに、胃に入った
ミント成分が、呼気と一緒に上がってくるので
のどの奥、食道(胃~口の間)あたりが、
”パカっ!”と開く感じが出てきます。

「気」の通り道が開通!(笑)

さらに反応が出やすい人では、30分~1時間たつと
空腹感や便意をもよおすこともあります。

ぜひお試しあれ♪
 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら