女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム養生メニュー ≫ 精油をマスクで吸入するときは ≫

精油をマスクで吸入するときは

09306
風邪予防のための精油吸入法
【応用編:マスクで吸入】

 

風邪の菌やウイルスは、とても小さいので、

吸気に混じって、鼻の奥にある副鼻腔や、
気管・肺まで入ります。

うがいでも、鼻うがいでも取れないような
からだの奥の粘膜をケアするために、
「空気にまじって薬効成分が蒸発する」
という精油の特性を最大限に活かして
健康に役立ててみましょう。

 

殺菌効果がある精油をつかえば、
うがい薬で口の中をケアするように

『香り薬で奥の粘膜をケアする』
ことができます。


精油を吸入するのが初めての方は
安全性の高い、基礎吸入法からお試し下さい。
(基礎編:ティッシュで吸入方法)

09307

精油吸入に慣れた上級者用の使い方として、
『マスクで精油を吸入する方法』
というものがあります。

ただし、注意が必要!

・精油には皮膚や粘膜に刺激がある
(殺菌効果がある精油は、刺激も強いものが多い)

※直接肌に精油がついていなくても、
揮発した精油成分を、至近距離で肌にさらしている
ことになるので、ヒリヒリする可能性があります。

・精油原液は濃い香りなので刺激が強い
(好みでない香りは気持ち悪くなる可能性もある)

※はじめに嗅いだときは好きな香りでも
「長く嗅ぐ」「濃い香りを嗅ぐ」と、
気持ち悪くなることがあります。

ということを認識して、下記を守りましょう。

<注意点>
1.精油が唇や肌につかないようにする
2.使用は30分~1時間程度にとどめる
3.気持ち悪くなったときは、すぐ止める
4.皮膚や粘膜がヒリヒリしたら、すぐ止める


それではやり方を説明します。

09308
 

<風邪予防のためのマスク吸入法>

◆準備するもの
・殺菌・制菌効果がある精油
・ティッシュ1枚とマスク

09301
1.ティッシュは三つ折りで使用するので、
まず、下から3分の1を上に折り上げます。


2.ティッシュが重なっていない上3分の1に
精油を1~2滴たらします。
(※精油の瓶はふらないようにしましょう)

09302
↑精油の液体が分かるように、青い色素をもつ
ジャーマンカモミール精油を使用しています。
(殺菌効果はちょっと弱めです。)


09303
3.精油をつけた上3分の1を折り下げます。


09304
4.精油が濃く付いている面(上3分の1)
をマスク側に当たるように置きます。

※ユーカリ、ティートリー、ラベンダー、
などは、色がありませんのでご心配なく。

09305
5.顔に当たる面のティッシュに精油が染みて
いないかを確認し、染みていなければOK。

もし、精油が染み出しているようなら、
もう1枚三つ折りティッシュを重ねます。

あとは着用すれば出来上がり♪
30分~1時間程度を目安にしましょう。


10021

「のどに違和感がある」
「うっすらと鼻水が出てきた」
というときに30分ほど試してみると、
いがらっぽさや、鼻水が止まったりします。

とはいえ、
マスク1枚だけでも息苦しいような体調や
蒸し暑い夏場には不向きですので、
状況や体調を見て試してみてください。

ちなみに私は、
口・鼻・のどなど呼吸器系の空洞(空気)に
殺菌成分を漂わせておくという考えで
通勤時に活用しています。

 


東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら