女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム職人技へのスキルアップ方法 ≫ 5.生理学が持つ説得力は最強! ≫

5.生理学が持つ説得力は最強!

05263
アロマセラピストの技術を、
職人技までスキルアップする方法


『解剖生理学編:その1』


まずは、
筋肉の役割 = 生理学
を覚えてしまいましょう。

生理学が持つ説得力は最強です。

なにせ、
人間の身体がどのように動いているか
という正道の説明ですから、

これを覚えて、
だれにでもわかりやすく
説明できるようになると

説得力が増します。

施術を受ける方に向けて
「不調のメカニズム」「改善するためのメカニズム」
を説明することができるようになりましょう。

--------------------------------

<骨格筋の役割>
いろいろあるのですが、
ここは重要な3つを覚えましょう。


1.運動・姿勢保持
筋肉はゴムのように弾力があります。
意識的に力を入れることで、縮む&硬くする
という性質を使って、身体を動かしています。

05281

この役割がうまく働かなくなると、
筋肉がずっと縮んだまま →硬くなる
という状態になり、関節の可動域が狭くなる。

また、近接する神経や血管も、
一緒に巻き込んで縮むので、
痛みやしびれにも関与します。

05284





2.体温の産生
体の中で、熱生産を1番している器官は、骨格筋。
筋を収縮して熱をつくり、そのときのエネルギー
約3/4を体温保持に使っています。

05282

この役割がうまく働かなくなると、
自家発電ができない、ということなので、
身体が冷えやすくなります。

靴下を重ね着しても冷たいまま、
という人は、
自分で温める力(自家発電力)が弱い
ということです。

05285




3.体液循環を助けるポンプ作用
筋は縮むついでに、近くの血管やリンパ管
の壁をぎゅ!ぎゅ!と押します。
それが血液やリンパ液を押し流す原動力
ポンプ力となっています。

05288

この役割がうまく働かなくなると
心臓へ戻る血液やリンパ液の流れが悪くなるので、
むくみやすくなります。

また、内臓への血液循環も停滞ぎみになるので
臓器の働きが鈍くなり、
腹痛や疲労につながります。

05286


--------------------------------------------------

上記3つが、代表的な筋肉の役割です。

とくに重要なのは、
「体温をつくる」
「循環のポンプ力」

という筋肉の仕事です。


「冷え」「むくみ」と筋肉の関係
を結びつけて覚えてしまうこと。


不思議なもので
勉強したことがあっても、なぜだか
ちまたにある「リンパの流れを良くして...」
というような健康説に洗脳される人が多く
プロでも忘れていることが多いんです(笑)


手足が冷える、むくみ感があるという悩み
を聞いたら、
筋肉の状態はどうかな?
と発想できるようにしておくのが大切です。
(※病的な冷えやむくみは対象外)


次へ
6.連鎖を覚えると鉄板トークになる


 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら