女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム養生メニュー ≫ 肌の乾燥とかゆみ ≫

肌の乾燥とかゆみ

10303
冬になると身体が痒くなる原因
の多くは「乾燥」によるものです。

「肌の乾燥」「肌荒れ」が原因と聞くと
美容的な視点に意識が向いて

「だれに見られるわけでもないし...」
「肌荒れなんてたいしたことじゃない」
と、人によっては軽く捉えがちですが、

これが
乾燥による痒みを引き起こす第一歩。

じつは
肌が荒れるという見た目の悪さより
その後に起こる、
神経過敏を心配しなくちゃいけない。

10302
先に言ってしまいますが、
痒みは起きてからでは遅い
と思っていてください。

乾燥による痒みを経験したことがある方は
わかると思いますが、

痒くなってから
軟膏薬や市販のクリームをぬっても、
就寝中につい掻いてしまったり、
お風呂上りや下着を脱いだ時などに、
どうしてもかゆみが出てきてしまいます。

乾燥シーズンが終わるまで
痒みがゼロになることは難しい。

どうしてかというと、
痒みを受信する神経が
下記イラストのように
皮膚表面まで伸びてきてしまう
から
です。


10301

通常、痒みを感じ取る神経(C線維)は、
表皮の手前でとどまっているのですが、

肌が荒れると、外からの刺激が健康な肌よりも
敏感に伝わるため、常に刺激された状態になり
C線維は体表近くまで伸びてきます。

神経が伸びてくると、
さらに刺激に敏感になり痒みが増す...

という悪循環のはじまり。

これがはじまったら、
やめられないとまらない。

乾燥による痒みには
予防が一番効きます。

10304


痒くなりたくなかったら、
なんといっても肌の保湿

皮膚の水分を保っている皮脂は
高温のお湯につかると取れてしまいます。


とくに、
脱毛して手足に体毛がない人
皮脂の潤す力が弱め
なので要注意です。

湯温42℃以上のお風呂に入るような
1~2月頃は、特にリスクが高い時期。

できれば、健康な肌の状態で
このリスクある時期を迎えたい。

となると...
11~12月の肌ケアが重要です。

10306
からだを洗う時は、摩擦が少ない方法で。

今流行りの、石けんの泡で手洗いや
やわらかいタオルを使用しましょう。

また、お風呂から上がったら、
痒くなりがちな部位に
クリームやオイルを塗るという習慣が大切

市販のクリームでもOKですが、
オイルタイプだと、より水分蒸発率を
抑えることができ保湿力があります。

ドラックストアで売っている
日本薬局方のオリブ油(オリーブ油)
は安価で肌なじみも良いですし、

大島などのツバキ油も
体に塗れるタイプであれば使えます。
粘性があってしっとりするオイルです。

ちなみに、
私は肌の伸びが良いスイートアーモンド油
にラベンダーなど精油を入れて使っています。

※ローション(液体)や乳液タイプは
サラッとしていて塗り心地は良いのですが
結果的に肌の水分が蒸発してしまうので、
痒み予防にはあまりおすすめはしません。

 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日
アクセスMAPはこちら

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら