女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム養生メニュー ≫ 精油の香りを部屋に広げるなら ≫

精油の香りを部屋に広げるなら

01201
風邪予防で香りを焚くのなら

お部屋にディフューザーなどで
精油の香りを広げると、
「加湿」「免疫力アップ」「疲労回復」
という点で、風邪予防に役立ちます。

使用する精油は、香りを確認して
「今一番好きな香り」を選びましょう。

精油の殺菌効果は気にしなくてOK。

...というのも、現実的に考えて、

部屋の空気清浄を精油で行う
のは難しいからです。


具体的に計算してみると、
例えば、300㎥の部屋に精油6滴を揮発させる
とすると、香りの濃さは1ppb程度になりますが、
この程度では殺菌作用はほとんどない状態。 

空気清浄するということは、
『燻蒸殺菌』するようなもの。

もし本気でやるなら、
粘膜刺激で目を開けていられないぐらいの
高濃度を使わないと無理だと考えます。

※プラセボ効果で、風邪をひかない♪
というのはあるかもしれませんが...。

09115

それよりも、効果の視点を変えて
『原始的な脳(大脳辺縁系)を興奮させて、
免疫を調整する脳(視床下部)を刺激する』
という方が意味が大きいと思います。

そのためには本能的な脳(大脳辺縁系)が
理屈ではなく「直感で心地よいと感じる」
かどうかが、重要的なカギです。

免疫力アップには
理屈ではなく、
心に今ひびく香りが一番。


香りは精神的ストレスや疲労で
弱っている抵抗力を立て直す
もってこいの方法ともいえます。

銘柄や作用に惑わされずに、
「いま一番好きな香り」を探してみてください。

もし、精油の殺菌効果を期待するなら、
もっともっと、すご~く狭い空間...
つまり鼻腔や口腔などに香りを充満させる
ような『吸入』がおすすめです。

精油の殺菌力を活かした吸入法

 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら