女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム養生メニュー ≫ 香りでストレス解消のメカニズム ≫

香りでストレス解消のメカニズム

10033
香りがストレスに効く理由

アロマが精神疲労に効果がある
理由の一つは、
『香りが多様な角度で脳を刺激する』
ところにあり、

強い感情を生み出す「本能的な脳」へ
嗅覚(香り)はダイレクトに伝達されるので
思考を揺さぶる力を持っています。

具体的に言うと、香りは
「知的な脳」と「本能的な脳」を反応させて
3つの感覚を引き起こします。

10034

1.感情が刺激される感覚
「わぁ、グッとくる素敵な香り♪」

感情を司る脳(扁桃体)が刺激されるので、
好きや嫌い、心地よいや不快など
本能的な感情で香りを感じ取ります。


2.記憶が刺激される感覚
「なぜだか、あの頃を思い出すなぁ...」

記憶を司る脳(海馬)が刺激されるので、
香りに関係するシーンや、連動する思い出が、
記憶から引き出されます。


3.知識と統合する感覚
「ああ、これ知ってる、ラベンダーね」

知的な認識を行う脳(前頭葉)が
もっている知識や情報と感覚を統合させて
香りを認識します。

-----------------------

この3つの脳の反応を上手く使って
ストレス解消をするためには
香り選びが重要
ということになるのですが、

ここで注意が一つあります。
「知的な脳」の感覚を
優先させないこと!


10031

どうしても、アロマや精油の知識があると
香りの銘柄を当てたくなったり、
精油成分を重視したくなるのですが、

知的な脳の感覚を優先して
香り選びをするのは、もったいない!

本に書いてあるような成分の薬効は
無視してOK。


なぜなら理由は2つ。

1つ目は、
精油成分は脳内へは直接入れない。
神経の中を通ることはできないので、成分の薬効が
そのまま反映されるわけではありません。
(電気信号に置き換わります。)

2つ目は、
ストレスはすでに「知的な脳」で十分に分析されて
「本能的な脳」へ伝わってきている。

知的に分析した上で、強い感情(不快な感情)が
ができあがっているわけなので、
ここで知的な解釈で選んだものをあてがっても
思ったほど効果はでません。

それよりも、嗅覚の経路にある
「本能的な脳」がストレス解消の
カギを握っています。


10024

人類は進化の過程で「古い脳(大脳辺縁系)」に
「知的な新しい脳」を付け加えて進化しています。

つまり、動物と同じような
「本能的な脳ミソ」を持っているということ。

なかでも「扁桃体(へんとうたい)」は、
古い脳の中でも喜怒哀楽の感情に関わる脳
ストレスを感じると、強い怒りや不快感など
を生み出すとともに、

視床下部(ホルモン・免疫・自律神経の中枢)
への影響力をもっているので、
ストレスが身体にあらわれてきます。

いうなれば、
好き嫌いの感情で動くようなボスに
大切な中枢を握られているようなもの(笑)

「ラベンダーは鎮静効果って書いてあるし...」
と脳内説得を試みようとも

「嫌い!」「くさい!」「今日は違う!」
と直感的に感じたら最後、
期待した効果は発揮されずに終わります。

10032


逆に、精油成分の効果を知らなくても
「今日はこの匂いがグッとくる~!好き。」
と思えたら、視床下部に働いて
ホルモン・免疫・自律神経が整います。

嗅覚には
本能的・感情的な脳が関わっている性質上
『効く香りとは、好みの香り』
ということになります。

※皮膚や粘膜から血液をかえして吸収する
成分に関しては、薬効が重要になります。

人によって香りの嗜好は千差万別。
四季によっても、体調によっても
良いと思える香りは変わります。

自分だけの本能的感覚を大切にして
楽しみながら香りを選んでみてください。

ちなみに、
私が心療内科でも行っている方法ですが、
ラベルを見えないようにして
まずは香りを嗅いでもらい、
患者さまがピンときた精油を軸にして
香りの調合をしています。
 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら