女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホームうふふ♪の香談 ≫ ナポレオン気分を味わえる香水 ≫

ナポレオン気分を味わえる香水

02152
ナポレオンの超お気に入り香水

ナポレオンがドイツのケルンから
持ち帰った名香「4711」

香りは『爽やか』『初々しい香り』です。
柑橘系⇒ ラベンダー⇒ ローズマリー⇒ ネロリ...
と、時間とともに揺らいで、なんとも清々しい。

ナポレオンは毎朝一瓶、頭から振りかけていた
といわれるほど、こよなく愛した香りで、
妻のジョセフィーヌにも、自分と一緒のときは
この香りを使わせていたといいます。

ですが、ジョセフィーヌは実のところ、
この香りがあまり好きではなかったようで...
というのも、彼女が愛用したのは「麝香」の香り。

きっと、物足りなかったのでは...と想像します。

麝香(じゃこう)別名ムスクは、
麝香鹿の雄の生殖腺(香嚢)の分泌物。

「麝香」という文字が表すように、
鹿が目的のものに命中させるために射る香り。
つまり、オスの麝香鹿が発情期にメスを惹きつけ、
縄張りを守るために発している香りです。

香嚢じたいの匂いは、鼻を刺すような糞尿系の匂い
で、とても嗅いでいられない刺激臭ですが、
これを1000分の1以上に薄めると、官能的な芳香
になるので、昔から香料として人気がありました。

ジョセフィーヌは、ムスクを身にまとうだけでなく
パリ近郊のマルメゾンにある邸宅内も蔓延させ、
ムスク嫌いのナポレオンを悩ませたといわれます。

苦手な香りと、好みの香りが、夫婦で真逆とは
う~ん...お察し申し上げる(笑)

この邸宅についたムスクの香りは、死後40年後に
ペンキを塗りなおしたときも香っていたとのこと。
 
 
ナポレオン気分を味わいたいときに4711
ジョセフィーヌ気分を味わいたいときにムスク
なんてどうでしょう♪

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら