女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホームうふふ♪の香談 ≫ メンタの神様(ペパーミントの語源)1/2 ≫

メンタの神様(ペパーミントの語源)1/2

06041
ペパーミントの語源

清涼感あふれる香りのペパーミント。
学名は、Mentha piperita
(メンタ ピペリタ)と読みます。

piperitaは、アロマ検定テキストにも載って
ますが、「コショウのような」という意味。

では、Menthaは?というと
ギリシャ神話に出てくる精霊(妖精)
の名前からきています。

メンタという名前の、
若い女性の姿をした精霊(妖精)の話。

083111
 
冥界で多忙をきわめる神ハデス(ゼウスの兄)が、
ある日のこと、久しぶりに地上へ姿を現した。

初夏の花々の中で、ひときわ輝いている女性
(の姿をした精霊なんですが…)
メンタを見かけ、心を奪われてしまいます。

いきなり抱きつき
愛の契りを結ぼうとした瞬間

じゃじゃ~~ん!

冥府の妃ペルセポネ(嫁)が登場。
怒!怒!怒!

嫉妬したペルセポネは、メンタを蹴飛ばして、
足でさんざんに踏みにじってしまいます。

すると、たちまちメンタは女性の姿から
清涼感ただよう草に転身してしまった。

・・・というお話。

感想「メンタの残り香によせて」へ続く。
 
素材は下記からお借りしています。
0829

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら