女性のための鍼灸治療院「かおり&やすらぎ」|東京都渋谷区

渋谷駅から徒歩6分、頭痛や不眠の鍼治療・妊活鍼灸、鍼灸とアロマを融合した女性のための鍼灸治療院
(公社)日本アロマ環境協会 総合資格認定校

かおり&やすらぎ

ホーム ≫ うふふ♪の香談 ≫

02035

最古の香水は、意外とさわやか系

02072

最古の香水は、意外にもさわやか系

17世紀ドイツのケルンでつくられたフレグランスが
最古の香水といわれています。
 

現在は『4711(フォーセブンイレブン)』という
名称となり、一般の香水店でも販売されています。

 

最初にこの香水を作ったのは誰か?
 

実はいろんな説があって、

①ケルン市在住のイタリア人である
ヨハン・マリア・ファイナが作った説

 

②イタリア人のポール・フェミニスが、行商人から
製造を受け継ぎ、一財産を築こうと思って、
ケルンに売り込んだという説

 

③修道院で気付け薬として使われていた
“奇跡の水”のレシピが、今の4711を作っている
ミューレンス家の結婚祝いに贈らて、
香水として販売されるようになったという説

 

などなど。
 

発売当初は、今のように法律的規制がなかったので
香水というより“気付け薬”として売れた
といわれています。

効果があったら「薬」、美味しかったら「食材」
酔っぱらったら「お酒」、香りが良ければ「香料」
という、
おおざっぱな時代ならではのエピソード(笑)

 

その後、ナポレオン軍がドイツを占領。

ナポレオンは、この香水に魅了され浴びるように
愛用した...と老舗香水店の記録に残されています。

 

フランスに持ち帰り「ケルンの水」という名で、

友人などに贈って、その名が広がっていくうちに、

ケルン⇒コロンになり、「オーデコロン」という
呼び名で扱われるようになりました。

 

このころ占領されたドイツの街ケルンでは、

フランス軍が見知らぬ土地での混乱をふせぐため、

街の建物すべてに、番号を書き込む作業がされます。

 

ちょうどミューレンス家の建物が4711番だった
ことから、現在の商品名「4711」になりました。

 

使われている精油は、

レモン、オレンジ、ラベンダー、ローズマリー・・・


これを純度の高いアルコールと、
ケルンの水(ライン川の水)で調合し、
上質の樽で4ヶ月間熟成。
 

その後、創業からトップシークレットといわれる
最終工程を経て「4711」が作られます。

ナポレオン気分を味わえる香水

02152
ナポレオンの超お気に入り香水

ナポレオンがドイツのケルンから
持ち帰った名香「4711」

香りは『爽やか』『初々しい香り』です。
柑橘系⇒ ラベンダー⇒ ローズマリー⇒ ネロリ...
と、時間とともに揺らいで、なんとも清々しい。

ナポレオンは毎朝一瓶、頭から振りかけていた
といわれるほど、こよなく愛した香りで、
妻のジョセフィーヌにも、自分と一緒のときは
この香りを使わせていたといいます。

ですが、ジョセフィーヌは実のところ、
この香りがあまり好きではなかったようで...
というのも、彼女が愛用したのは「麝香」の香り。

きっと、物足りなかったのでは...と想像します。

麝香(じゃこう)別名ムスクは、
麝香鹿の雄の生殖腺(香嚢)の分泌物。

「麝香」という文字が表すように、
鹿が目的のものに命中させるために射る香り。
つまり、オスの麝香鹿が発情期にメスを惹きつけ、
縄張りを守るために発している香りです。

香嚢じたいの匂いは、鼻を刺すような糞尿系の匂い
で、とても嗅いでいられない刺激臭ですが、
これを1000分の1以上に薄めると、官能的な芳香
になるので、昔から香料として人気がありました。

ジョセフィーヌは、ムスクを身にまとうだけでなく
パリ近郊のマルメゾンにある邸宅内も蔓延させ、
ムスク嫌いのナポレオンを悩ませたといわれます。

苦手な香りと、好みの香りが、夫婦で真逆とは
う~ん...お察し申し上げる(笑)

この邸宅についたムスクの香りは、死後40年後に
ペンキを塗りなおしたときも香っていたとのこと。
 
 
ナポレオン気分を味わいたいときに4711
ジョセフィーヌ気分を味わいたいときにムスク
なんてどうでしょう♪

香りも第一印象が大事

07202
香りも第一印象が大事

就職面接や自己紹介のときのテクニックとして、
「最初に、長所から話すことが大事」
とよくいわれますが、

これは1946年、社会心理学者のソロモン・アッシュ
が行った印象形成実験の結果をふまえてのこと。

肯定的な言葉を先に聞いたケースと
否定的な言葉を先に聞いたケースを比較すると、

肯定的な言葉を先に聞いたほうが、
好印象に働くという結果でした。

「最初に聞いた言葉の方が印象に残りやすい」
ということになります。じつは似たようなことが
香りの世界でも実験されています。

10189

フェンネル精油やアニス精油に含まれる
成分アネトールを使った実験。
<参考文献>
Effect of Description of Odor on Perception
and Adaptation of the Oder / Sakai Nobuyuki

Aグループには、
「アロマテラピー、スパイス、アロマ効果」
などアネトールのポジティブ情報を伝えてから

Bグループには
「人工的に作成された化学物質、
致死量は体重1㎏あたり2~3g」など
アネトールのネガティブ情報を伝えてから

それぞれ匂いを嗅ぐと
どのような印象があったかという実験。

結果は、ネガティブな情報を伝えられたBグループ
のほうが、アネトールの匂いに敏感になり、
不快に感じていたとのこと。

アネトールとは、じつは女性ホルモン様成分。

更年期になると減少する女性ホルモン
「エストロゲン」に似ている成分です。

クラリセージ精油に含まれる成分
スクラレオールも女性ホルモン様成分ですが、
こちらは約15%ぐらいの含有率。

それに比べ、フェンネルに含まれる
アネトールは含有率80%と高い。

言い換えれば、フェンネルの方が女性ホルモン様
作用が強いということにもなります。

たぶん、そんなことを先行情報で与えられたら
「好ましい香り♪」「すてきな香り♡」などの、
好印象の精油になるのかもしれません。
 

メンタの神様(ペパーミントの語源)1/2

06041
ペパーミントの語源

清涼感あふれる香りのペパーミント。
学名は、Mentha piperita
(メンタ ピペリタ)と読みます。

piperitaは、アロマ検定テキストにも載って
ますが、「コショウのような」という意味。

では、Menthaは?というと
ギリシャ神話に出てくる精霊(妖精)
の名前からきています。

メンタという名前の、
若い女性の姿をした精霊(妖精)の話。

083111
 
冥界で多忙をきわめる神ハデス(ゼウスの兄)が、
ある日のこと、久しぶりに地上へ姿を現した。

初夏の花々の中で、ひときわ輝いている女性
(の姿をした精霊なんですが…)
メンタを見かけ、心を奪われてしまいます。

いきなり抱きつき
愛の契りを結ぼうとした瞬間

じゃじゃ~~ん!

冥府の妃ペルセポネ(嫁)が登場。
怒!怒!怒!

嫉妬したペルセポネは、メンタを蹴飛ばして、
足でさんざんに踏みにじってしまいます。

すると、たちまちメンタは女性の姿から
清涼感ただよう草に転身してしまった。

・・・というお話。

感想「メンタの残り香によせて」へ続く。
 
素材は下記からお借りしています。
0829

メンタの神様(ペパーミントの語源)2/2

06042

flower4 メンタの残り香によせて flower5
 
メンタの神様(ペパーミントの語源)
の話のつづき。

ギリシャ神話の神々は、けっこう肉食系。

俺様よろしく無理やり求愛したことによって、
相手が別の生き物に転身せざるをえない
という被害状況が多々見られます。

そんなとき、きまって妃は
旦那を責めるのではなく
なぜか相手の女性を攻撃する。

悪いのはハデスなんじゃ…?

なんだか気持ちのおさまりが悪い。
人間より狭い料簡の神様じゃ、
信者(っていうのかどうか?)が
減っちゃいそう。
ということで、別解釈をしてみる(笑)

「清涼感あふれる香りの草」
に転身させたということに着目すると、
もしかしたら、妃ペルセポネは、
“三方良し”で事を収めるために、
あえてミント草にさせたとも考えられる。

精霊(妖精)には、
心身にけがれのない清らかさを保護し、

旦那にはクールダウンの香りで、
理性を取り戻させようとした。

自分も神としての威厳を保ちつつ
夫婦は円満♪

これだったら、さすが神さま。
座布団三枚ならぬ、信者三倍!

とはいえ、
いずれにせよメンタにとっては
虚をつかれた、はた迷惑な話なのだが。

083111

<関連するお話>
ザクロの数だけだきしめて(冥界へ嫁入り)

 
素材は下記からお借りしています。
sky-banner7

ザクロの数だけ抱きしめて1/2

09011
ザクロにまつわる話

旦那が浮気しようとした妖精メンタの身体を
踏みにじって薬草する という荒療治に出た
冥界神の妃であるペルセポネ。
(その詳しい話はこちら

実は彼女には、神々を巻き込んだ逸話があり
ある意味、冥界神ハデスの被害者ともいえます。

「冥界などに、来たくはなかった!」
と泣きながら…

というのは想像ですが(笑)

自分が望んでもいない冥界に
しかたなく嫁に来たという経緯がありました。

083111

ペルセポネは、じつは由緒正しきお嬢様。

両親ともにオリンポスの十二神で、
母は農耕の女神デメテル。
父は全知全能の神ゼウスです。

ベルセポネは妖精と花を摘んでいるときに
突如現れたハデスにより、冥界へ連れ去られます。

そうです、誘拐。
ここでもハデスは、俺様やってます(笑)
 
あわてた母デメテルは、ゼウスに訴えますが、

「べつにいいじゃん♪ 相手がハデスなら
つり合いも取れてるし。」

と言われてしまいます。

母デメテルは大激怒。
(なんつーことを!おのれ~私を怒らせたなー!)
農業神の仕事を放棄して、姿を隠してしまいます。

大地に実りがなくなってしまい、ゼウスは大慌て。
すぐさまハデスに使いを出し、
ペルセポネを解放するよう命令をだします。

しかたなくハデスはペルセポネを解放。
帰り際、ハデスは紳士的な態度で
愛するペルセポネに、ザクロの実を渡します。

・・・が、
これがとんでもない玉手箱(笑)

それまでペルセポネは、ハデスの誘いを頑なに
断り続けていたのですが、紳士的な態度と空腹で
そのザクロの実を、少しだけ食べてしまいます。

これが取り返しのつかない行為だとは知らず…。
(ハデスの手土産作戦、大成功!)

母デメテルは、娘ペルセポネが帰ってきて
安心したのも つかの間、
娘が冥界のザクロを食べたことを知る。
(が~~~ん!)

一度でも冥界の食べ物を口にしたら、
そこで暮らさなくてはいけない取り決め
が、神々の間でされていたのです。

この約束は、いくらオリンポスの十二神
といわれるデメテルでも、どうにもできない。

それでもなんとか、軽減策を訴え出て、
食べたザクロの数だけ冥界で暮らす
ということで神々に納得してもらい
ペルセポネは冥界へ嫁にいくことになりました。

全部で12粒あったうちの4粒。
1年のうちの1/3を冥界で暮らす。

娘が冥界へ行っている間、母デメテルは
悲しみのあまり仕事をせず、地上に帰ってくると、
豊かな実りをもたらすようになります。

そのためペルセポネは「春の女神」
と言われるようになりました…とさ♪


感想「ザクロの残り香によせて」へ続く。

 
素材は下記からお借りしています。
sky-banner7 0829

ザクロの数だけ抱きしめて2/2

09271

flower4 ザクロの残り香によせて flower7

冥界のザクロを4粒食べたから
嫁入りしなくてはならなくなった
ペルセポネの話
 のつづき。

12粒あるうちの4粒。
3分の1を食べたという話になってますが、

ん?

ザクロの実って、全部で12粒ぐらいだっけ?

もっともっと、粒粒がワッシャ~っと
詰まっているような気が…。
100粒以上ありそうじゃないですか?

100粒あるうちの4粒=4%。
1年のうち2週間ぐらいってことなら
冥界暮らしは、バカンスみたいなもん。
がははは!

冥界産は1粒が大きい?
粒ではなく房で勘定したのか?
なんて疑問もわいてきますが、

こんな屁理屈いってたら
「冥界産のザクロをバカにするのかー!」
と冥界人に怒られそうなので、
このへんでやめときます(笑)


それにしても、
冥界の食べ物を口にしたら、地上へは帰れない。
って話、日本の話にもありますよね。

「古事記」にもこんな話があります。

083111

伊邪那美(イザナミ)が、火の神を出産するときに
大やけどし、それが元で亡くなってしまったので、
夫である伊邪那岐(イザナギ)は、
恋しさのあまり、黄泉の国へ迎えに行く。

「私はこちらの食物を、すでに食べて
しまったので、帰れません。」

でも、伊邪那美(イザナミ)の場合は、
交渉してみるから、絶対にこちらを見ないで
待っててね♪といいます。

なのに、待ちきれず伊邪那岐(イザナギ)は
灯りをつけて見ちゃう…という話。

083111

「見ないでね♪」って言われたら、
やっぱ見るよね~。お約束(笑)

そして、見たがゆえに、
あとちょっとという場面で、
泣く泣くお別れしなくてはいけない。
というのが、この手の話のオチ。

「押すな!押すな!の熱湯風呂」
も、しかり(笑)

こんなシチュエーションのときに
昨今のバラエティー番組に慣れすぎて
私も見ちゃうような気がするなー。

 

flower8

<関連エピソード>
メンタのお話


 
素材は下記からお借りしています。
sky-banner7 0829

春の香り「春愁ひ」

03242
季節のイメージフラグランス
「春うれい(春愁ひ)」


「うれい」という同じ音の響きでも
「憂い」と「愁い」では意味のニュアンスが
少し違ってくるようです。

憂いは、心をいためて気遣う状態。
愁いは、ものさびしく浮き立たない心持ち。

やはり春うれいは「愁い」がしっくりきます。

暖かい日差しに誘われて、土手の桜道を歩く。
いつだったか、こんな桜を見に行ったっけ...。
久しぶりに思い出す面々。ふざけた思い出。
懐かしい昔の自分もそこにいる。

ふと、別日の苦い記憶がよぎる。

「あのとき....」

ザラついた心を振り払うように
あわてて現在に立ち返る。

脳内の時間軸を行き来すると生じる愁い。

あらゆる距離感が、
少しずつ移り行くことに気づく瞬間を
香りで切り取ってみました。

レモンユーカリのシャーブな香り立ちと
大地を思わせる落着き感のあるパチュリ。
対極にある2つをつなげるラベンダー。

個性的な3種に現在、過去、未来の役割を
たくして、比率だけでの強制調合です(笑)

レモンユーカリ 2
ラベンダー 5
パチュリ 1
 

春の香り「うすらい」

02042
季節のイメージフレグランス
「うすらい(薄氷)」

2~3月は、春の気配がありつつも、
早朝などは、寒さで水面が凍ることがあります。

「うすらい」とは、その薄い氷のこと。

陽射しですぐに融けてしまいそうな
はかなさのある美しさ。

キラキラと透明感のある様子を
レモン、ローズマリー、シベリアモミの
3種のトップノートにたくしました。

シダーウッドがしっかりと後支えする
ハーバルウッディ調の香りです。

レモン:2
ローズマリー:1
シベリアモミ:1
シダーウッド:1
 

東京都渋谷区桜丘町13-2
リンデンスカイハイツ1階B号室
TEL 03-3464-0789
[営業時間]
10:00~20:00
(土曜は16:00まで)
[定休日]
水・日・祝祭日

かおり&やすらぎblog

モバイルサイト

有限会社かおり&やすらぎスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら